コンテンツメニュー

あらすじ第11話

イメージ

本物の美男(瀧本美織)がようやくA.N.JELLに合流し、兄の身代わりという本来の役目を終えた美子(瀧本美織/一人二役)は沖縄で廉(玉森裕太)柊(藤ヶ谷太輔)勇気(八乙女光)たちと別れたまま皆との連絡を絶ち、児童養護施設で子供たちの世話をして過ごしていた。
美子はシスターの先輩がボランティア活動をしているアフリカに旅立つ決意をするが、そんな矢先、美子のもとにマネージャーの馬淵(柳沢慎吾)が訪れもう一度だけ美男の身代わりをして欲しいと言い出す。
馬淵は社長の安藤(高嶋政伸)に内緒で美男を地方の仕事に行かせているのだが、なんと安藤から美男に話があるので直ぐに美男を事務所に連れて来るよう命じられ困窮しているのだった。美子は馬淵の懇願に負け、再び美男に成りすまし事務所を訪れる。安藤と対面した美男は安藤が自分のことを美子だと気付きながらも気付かぬフリをして話しかけてくれる言葉に感激し胸を詰まらせる。

イメージ

美子は事務所の廊下で偶然廉や柊、勇気とすれ違い、その際、廉から美子に対してのメッセージを言い渡され切なさがこみ上げるが、廉への想いを振り切ってその場を立ち去る。
一方、廉は麗子(萬田久子)が自分や美子にした行いに腹を立てつつ、麗子が癌を患っていることを知り、麗子に癌の手術を受けるよう告げる。
麗子は自分の行いを廉に詫び、美子にも謝ると廉に話すが、廉は既に美子のことを諦めていた。そんな廉の気持ちを察した柊と勇気は廉に発破をかけるが…。