インタビュー(大阪西支店)

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

浅野匡・石丸幹二さんのインタビュー(大阪西支店)

台本を読まれた感想を教えてください。
ぼくは普段は舞台を中心に活動していて、どちらかというと善人のキャラクターを演じることが多かったので、今回、台本をいただいて浅野の悪ぶりに「自分にどんなことが出来るだろう」と打ち震えました(笑)。でも、極悪非道な悪人ではなくて、家族思いの一面や、人としてこんなこともありだな、と思わせる脆さも描かれているので、人間としての様々な側面を見せていけたらと思います。
銀行の支店長という役柄ですけれど、役作りについて聞かせてください。

撮影前に、友人の銀行員に聞いてリサーチしたんです。すごく出張が多いとか、足の引っ張り合いではありませんが、「乗り越え合い」だと言っていましたね。
銀行のトップにいる人たちは、日本の経済界を支えている戦士です。そういう意味では半沢君のように自分の父親が果たせなかったことを何とかして達成しようという信念があるのは、すごく強いことだと思います。エリートコースを歩いている人ではなく、「乗り越えたい」という彼の気持ちは応援するに値すると思います。敵対する役柄ですけれど、半沢直樹のことが好きになりましたね。
半沢にとって、浅野はひとつの大きな壁になっています。壁は「乗り越えていく」もの、「打ち崩すためにある」もの、だと思うんですよ。大きければ大きいほど遣り甲斐がありますから、半沢にとって浅野が大きな存在になってくれればと思いながらやっています。
堺さんと共演されてみていかがですか?
とても存在感のある俳優さんです。クールな表情の中に、秘められた野心みたいなものがキラッと目に光るんです。そこが堺さんのすごさで、半沢と対峙しながら感じて、浅野としても俄然燃えます。
家族のシーンでは、銀行とは全く違った浅野さんの顔が見えるようですが…
家族の前ではとってもいい父親であり、夫です。人は守らなきゃいけないものの前では、鎧が取れて優しくもなれるんですね。銀行内とのギャップが面白いし、世のいいお父さんたちも会社では戦士なんだろうなと想像したりもします。けれど、テレビを見ている子どもたちはきっと半沢さんを応援するんだろうな。そういう意味では憎まれ役でちょっと残念です(笑)。
浅野支店長は大阪に単身赴任という設定ですが、大阪についてはどういう印象ですか?

舞台は、近畿エリアでの公演も結構多くて、大阪は馴染みのある街です。活気があって、人情味がある街だと思いますね。そういう意味では、とても好きなんですけど、浅野を演じるに当たって、大阪では浮いている方がいいのかなと思いました。エリート意識、特に中央意識が強い人だと思うので、決して関西の言葉ではしゃべらない、交じっていかない、その頑なさみたいなことは意識しています。
ご覧の皆さまにメッセージをお願いします。
きっと毎週毎週ワクワクしながら見ていただけると思います。半沢の倍返し、10倍返しというものがベースにありますけど、オセロと一緒で、駒をひっくり返していくような爽快感があります。各話にそういう爽快感がちりばめられていますので、半沢の活躍を見守って欲しいと思いますし、壁の身としては、彼が後半に向けてどんどん大きな壁に挑んでいく姿を楽しみにして欲しいです(笑)。
ぼく個人としては、いいチャンスにめぐり合わせていただいて感謝しています。今まで舞台での仕事が多かったのですが、このドラマをきっかけに、テレビを通してお目にかかる機会も増えていくかもしれません。今回はこういうひどい人ですけれど、その時はぜひ応援してください。

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.