インタビュー(大阪西支店)

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

中西英治・中島裕翔さん(Hey! Say! JUMP)のインタビュー(大阪西支店)

台本を読まれた感想を教えてください。
初のサラリーマン役で、スーツ姿です。学生のとき、制服はブレザーでしたけれど、ネクタイを結ぶタイプのものではなかったので、こんなにずっとネクタイを締めたまま外回りに行ったりする会社員の方というのは本当に大変だと思いました。そういう頑張っている人たちに「お疲れさまです」と心から言いたいです。
演じられる中西さんとはどんな人だと思われますか?

中西はまだ入行2年目で、ようやく世間がわかってきたと思いきや、理不尽な上司や取引先などの現実を知ります。その中でなんとかまわりに追いついていこうと努力していますが、半沢さんといういい上司がいますから、見習っていこうとする向上心がある人ですね。
でも、こういう縦社会とか銀行業界というのは、本当に怖いです。しかも中西は大阪勤務です。ぼくだったらすぐ東京に逃げ帰りたくなります(笑)。
演じる際、気をつけていることや意識されていることはありますか?
役にあわせて髪を切りましたが、自分では「子どもっぽくなるかな?」と思っていたんです。でも、スーツのおかげでまわりからも「大人っぽく見えるね」と言ってもらえて、新しい自分が見つかった気がします。
これまで子ども、学生、そして今回入行2年目の社会人と出演させていただくドラマの中で順調に成長させていただいていて、とても楽しいです。今回は銀行員ならではの専門的な用語もあるので、自分で調べています。それでもわからないときは周りの人に聞いたりしますが、知らない世界のことなので理解するのが難しいですね。
撮影現場の雰囲気はいかがですか?

常に緊張感を持ってやっています。これだけすごい先輩方に囲まれているので、自分の失敗で撮影が止まらないようにしないといけませんから本当に緊張します。でもその緊張感が、そのまま中西の緊張となって出せればいいなと思っています。
主演の堺さんは、セリフも膨大ですし、いろいろ大変なのにスタッフやまわりの出演者、隅々まで気配りをしてくださっていて、本当に優しいです。ぼくが小学生くらいのときに一度ご一緒させていただいていたのですが、クランクインのときに切り出せなかったんです。でもその次にお会いしたときに堺さんのほうから「前、一緒にやったよね!大きくなったね、もうぼくの部下か!感慨深いな。」とおっしゃっていただけて、嬉しかったです。
ご覧の皆さまにメッセージをお願いします。
銀行の中という、大半の方にはなじみのない世界かも知れませんが、ぼくの演じる中西の目線で見ていただけると、いろいろなことが分かっていいと思います(笑)。ぼくが説明していたり、説明を受けたりしていますので、難しいと思って聞き流さずに、一緒に理解しながら見てください。

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.