インタビュー(大阪西支店)

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

大和田常務・香川照之さんのインタビュー(大阪西支店)

台本を読まれた感想を教えてください。
この「半沢直樹」は銀行が舞台ですが、どの世界も大変だな、ということをまず思いました。
その世界の中で、主人公である半沢直樹がこの先どう行動して、どういう立場に転じていくのだろう、と思って読みました。その半沢を堺さんがどのように演じるのか、とても楽しみです。
大和田常務を演じるにあたり、役作りはどうされましたか?

相手の方がどう演じられるかでこちらの芝居も変わってきますので、ぼくはあまり作りこんでいきません。役を大きくとらえて、その役柄と違うものをひとつ持ち込むというくらいです。たとえば悪役だったら無垢なところを持ち込むと面白いだろうと、まったく逆の要素を入れます。悪人は悪く見えるから悪人じゃない部分、いい人だったらちょっとくせのあるしぐさとかね。そうやって逆算しながら演じていきます。演出の福沢さんとは何度も一緒にやっているので、きっとこういうのが好みだろうな、という部分もあって、今回の大和田はずっと微笑んでいるイメージでいくことにしました。
それと、常務室の椅子がくるくる動くタイプのもので、せっかくだから使ってみようかと。常務席の前に立つ人に背中を向けたり、正面を向けたりすることで心情を表せるかな、と思ったのですが、ぼくの自己満足です(笑)。
バブル期に入社した半沢たちが激動の日本経済を乗り越えて今にいたっていますが、香川さんご自身はバブル時代をどう過ごされましたか?

「バブル時代」と言われていますが、ぼく自身はそういう感覚はまったくありません。ただ、後になっていろいろ言われるようになり、話を聞くにつれ、一度就職していたら、また違っていただろうと思いますね。経験したことがありませんから、一度くらい会社に入って、毎日通勤する、ということもやってみたかったです。具体的に何をしたいか、と聞かれたらわからないですけれどね。
演じられる大和田さんは、常務という役職で、人事から事業まで広く見ている人だと思いますが、采配をふるう人に大事なことはどういうことだと思いますか?
こだわらないことです。采配というのは、人にやらせることであって、自分でこだわりを持ってはいけないと思います。芝居もきっとそうなのですが、人をたたせて、その人に任せるということが、采配というものなのではないでしょうか。
ご覧の皆さまにメッセージをお願いします。
ドラマの持つメッセージというのは、脚本家、演出家が作り上げていくもので、俳優が語ることではないと思っています。演じている身としては、いかにぼくたち俳優が苦しんでいるかという姿を見ていただきたいですね。苦しんで、つらい思いをしながら演じていく、俳優のパンチ力というのはそういう苦しみから生まれてくるものです。今回、演出してくださる福澤さんの現場というのは、まさにそれにふさわしい現場です。半沢直樹は「やられたら倍返し」というタイプの人ですが、ぼくは逆で、やられたらやられっぱなしが好きです。どんな作品、どんな現場でも厳しい演出や状況を乗り越えていくことで、一筋の光が当たるんです。ですから、この「半沢直樹」という作品も、どれだけきつくなれるかが勝負だと思っています。
堺さん演じる半沢とは先々どう向かい合っていくのかわかりませんが、そのとき、どうやられるのか楽しみにしています。

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.