インタビュー(大阪西支店)

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

東田満・宇梶剛士さんのインタビュー(大阪西支店)

台本を読まれた感想を教えてください。
とてもダーティな役で、ここしばらくそういう役をやっていなかったので「これはいいな」と思いましたね。ぼくは自ら役を選んだりするタイプではありませんし、いただいた役をやっていくのみなのですが、やはりいろいろな役をやってみたいんです。自分の中に光と影の部分があるように、自分の表現にも両方あればいいなと思いますが、ダークな役、楽しいですよね(笑)。
演じていられる「東田満」という人の光と影の部分とは?

社会に背を向けて、汚い手を使ってでも勝とうとする、そして自分が勝ったんだ、みたいな気持ちになっていても、何か目に見えないものから逃げていくということは、人間誰しもあると思うんです。蹴散らしても蹴散らしてもなくならないものを蹴散らし続けていかなければならない、東田にとってそれは半沢なんです。
お金というのはあって困るものではありませんし、あったほうがいいはずなのに、それを誇っている「経済的な勝者」に限ってどこかひねくれていたり自分のことを正当化しようとして強弁するようなところがあるように思うので、そういうところを持ち込めたら、と思って演じています。
堺雅人さん、壇蜜さんとのシーンがメインになっていますが、共演されていていかがですか?
堺さんという人は、非常に芯の強い人だと思うんです。俳優である前に、人間として芯の強さを持っています。その堺さんが演じる半沢という人が、大きな権力とか闇の社会に、恐れながらも立ち向かっていくことがこのドラマの本流だと思うので、対するぼくが強力に立ち向かえば向かうほど輪郭がはっきりとするんです。闇が光を縁取る、そういう意味では心して半沢にも堺さんにも立ち向かおうと思っています。
壇蜜さんとは初めてですが、世に思う男性たちを釘付けにする壇蜜さんというより、仕事として、ともに力を合わせていきたいですね。力を合わせることでお互いにコンビネーションがよくなると思うのですが、すごく強い意識を持った方で、そのぶれないところとか、お互いに社会を生きてきた者としてシンパシーを感じます。
壇蜜さんとのシーンは豪華なお屋敷が多いようですが…

「それ以上がんばろうという気が起きるのか」というような、ある種の到達点のような豪華な場所でロケをやっていますね(笑)。
自分とは別の世界にいると思っていますが、東田というのはこういうところで虚飾、虚栄に身を包んで、亡者のように次を追い求めていく人なんだな、と思ってやっています。
ご覧の皆さまにメッセージをお願いします。
楽しんで、半沢と共に物語の世界を見つめながら、実生活を是非負けずに頑張って欲しいなと思います。一緒に頑張っていきましょう。

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.