あらすじ

第六夜「六本木駅」 2013.02.18 OnAir

(写真) 深夜の六本木、とあるマンションの一室に、三浦(濱田岳)は上司の吉田(古山憲太郎)と2人でいた。「いったい、どうして、こんなことに?」もう終電も無い。三浦は、1時間前に吉田と飲んでいたころからの記憶を思い起こしていた。
吉田とともに六本木のバーで飲んでいた三浦は、終電の時間を気にして帰ろうとする。バーを出た二人だったが、吉田は駅へ向かう道で謎の男(谷中敦)と話し始めた。その直後、吉田は「これから打合せに行くぞ」と話し、「もう11時すぎてるのに、今から(打ち合わせ)?」と二の足を踏む三浦を連れて、とあるマンションに向かった。

(写真) マンションに辿り着いた三浦と吉田。そこで吉田は突然「ここはセックスの教室だ」と三浦に打ち明けた。驚き、たじろぐ三浦。しかし、部屋から出てきた綺麗な女性・大塚(手島優)に、吉田とともに部屋に連れ込まれてしまい…

→ 第六夜「六本木駅」キャストはこちら

ページトップへ戻る