ファンメッセージ

ファンメッセージの投稿は終了いたしました。
たくさんのメッセージありがとうございました。

PAGE NO.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 |30*| 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57

出会えて良かったです

ドラマを見て、普通に生きていられることがどれだけ素晴らしいことか思い知らされました。生活している中で命の危機を感じたことはありません。この平和もこのような過去があったからであり、事実から目をそらさず後世に伝えていくことを決意しました。
私は松嶋菜々子さんの大ファンでこのドラマを見ました。松嶋菜々子さんが出演されていなければ見ていなかったかもしれません。でもこのドラマを見て本当に良かったです。このドラマに出会えたことに感謝しています!
私が将来、家族を持って子どもが生まれたとき家族で見たいです!

あやのん/女性 (19)  2015.8.2 (Sun) 23:58

時代だったとは言え

2日間拝見しました。

子どもを持つ母として本当に胸が痛み涙が止まりませんでした。 最後は会うこともできわかりあえて本当に良かったです。


子どもを安全な場所へ避難させてやるのも親の勤めとは言え、私だったらあの場面で子どもの手を離したくない、別れたくないと思いました。
戦争では憎しみが生まれ侵略されたり家族が虐殺されればばどんなに相手が子どもでも悪くなくても責める母の気持ちや行動もわかる、やはり、いさかいがあってはいけない、戦争はしてはいけない。絶対に。
ボタンの掛け違いから分かろうとしないんだろうなと思いますし、相手を知ろうと言う行動も必要だと思います。

みーちゃん/女性 (42)  2015.8.2 (Sun) 23:57

改めて

医療関係の仕事を目指してる私にとって、とても見なければいけないと感じて見ました。どんな理由であれ戦争は絶対にあってはいけない。なにも得られない。これからを生きる身として同じことを繰り返してはいけないと強く感じました。赤十字の看護の方たちのように生きている人はみな同じで助け合わなければいけないことを心に入れ、たくさんの人を救える人になろうと思いました。

さんた/女性 (18)  2015.8.2 (Sun) 23:57

胸が苦しくて、見ていて辛かったです。

改めて、戦争の辛さ苦しさを感じました。
今では、当たり前の幸せが、戦争の時代はそうではなく、本当に見ていて苦しかったです。
私にも2歳の息子が居るので、親子が生き別れてすれ違いは、とても辛かったです。希代が母親として、子供を思う気持ちは特に胸に響きました。子供達にも、戦争の残酷さを、きちんと伝えていき、平和な国を守る様に教えいきたいと思います。

こうちゃんママ/女性 (35)  2015.8.2 (Sun) 23:56

戦争を二度と起こさないために

為政者の気持ちを変えるには、
「5万人の国会前でのデモ」よりも、
為政者それぞれの地元での
「50人の、彼(女)を二度と国会に戻さないようにするためのデモ」の方が、
彼らにとってはかなりの痛手になるそうです。

【戦争は 行かない人が やりたがる】

為政者こそ、この作品を観て再考するべきです。

まいける/男性 (51)  2015.8.2 (Sun) 23:56

感動しました!

最近はドラマを観る事がすっかりなくなっていたのですが、それは熱意が伝わらないものが増えたからでした。

けれど、今回は安保の事もあり戦争を深く知りたいと観させてもらったのですが、想像をはるかに越えて素晴らしいドラマでした。
とてもわかりやすくもあり、けれども恐怖感はしっかりと描かれていて、何よりも演じていらっしゃる俳優さんが、役者さんとして熱意を持って演じられているのが全員から伝わってきました。
疎かに演じられていると伝わってくる昨今の中で、本当に心を打つ、そして改めて戦争について考えさせてもらえるきっかけを与えてもらえ、とても感謝もしております。
本当に、この作品に携われた全ての皆さんに感謝と労いを申し上げます。

ゆう/女性 (39)  2015.8.2 (Sun) 23:56

幸せ

昨日、今日とドラマをみましたが、涙が止まりませんでした。
あの時違う道を選んでいればこうはならなかったのにというシーンが沢山あり、その度に人物の気持ちを考えると苦しくてたま
りませんでした。
ドラマの中で起きていることのように思え
ますが、本当にあったことなのですね。
戦争というのは私たちの想像している以上に酷く、残虐なものだと思います。
戦争の起きた時代から70年がたち、当時『御国のために』と命をかけて戦った方々から当時の状況を聴く機会は少なってしまうと思います。だからこそひとりひとりが意志を持ち命を大切にすることがより良い日本をつくることに繋がって行くと思います。
そして、今家族といられることが何よりも幸せのだと改めて感じることが出来ました。

本当にありがとうございました

バレーボール/女性 (14)  2015.8.2 (Sun) 23:54

涙が、とまりませんでした。

希代と博人の親子が、戦争の中で、引き離されていき、それでも、どんな環境の中でも、生き続けていき、親しい人を喪い、戦争という、命が、簡単に、失う世界で、最後に、奇跡的な再会を果たす場面は、涙が、あふれて、とまりませんでした。松嶋菜々子さんが、主演した「100年物語」を超える感動作でした。戦後70年の今の私達に、素敵な物語を提供してくださり、スタッフ、キャストの皆様、本当に、有り難うございます。

向日葵/男性 (54)  2015.8.2 (Sun) 23:54

涙が止まりませんでした。

率直に感じたのは、メッセージを投稿しているみなさんと変わりありません。
私の両親は戦争を知っている世代でした。今は亡き父親に聞いた話と、色々な文献、メディア等で当たり前に思っていたのは、敗戦国になったとたん、旧ソ連
中国を含め三国人と呼ばれた人達は反日
で復讐することしか考えてない、戦勝国民だから当然だという人間ばかりだと思っていました。
このドラマを観て日本人は勿論のこと
当時から現在まで
人は個の考え方で国家の意志を凌駕し
人の為に自分の意志を貫き通す、人種も肌の色も関係ない!
こういう人がいたことを知れた気がしました。
戦争は絶対起こしてはいけない!
同じ過ちを繰り返してはいけないと改めて考えさせられました。

髭叔父さん/男性 (48)  2015.8.2 (Sun) 23:53

戦争はこれほどのものなのかと驚いた

最近のドラマなどでは戦争についての内容でもあまり酷さが伝わらないものが多いように感じるが、レッドクロスは戦争に行かなければならない人やその家族など様々な立場の人たちの様々な想いを強く感じることができた。

自分の理念をしっかりと持ち続ける強い女性、希代を演じる松嶋菜々子さんには本当に泣かされた。

日本人でも中国人を助ける。中国人でも日本人を助ける。今となっては当たり前のようだが、戦争中ではほんの一部の人しか持てなかった考えだと思う。もう戦争をするべきでないのは当たり前だが、これからは他国の人々とも仲間であるという意識を持ち、もっともっと広げていくべきだと感じた。

ちーたら/女性 (15)  2015.8.2 (Sun) 23:53

PAGE NO.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 |30*| 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57


公式Twitter

PAGE TOP