レッドクロスの意味とは?

赤十字について

写真

赤十字は、150年前にアンリー・デュナン(スイス人:第一回ノーベル平和賞受賞者)が提唱した「人の命を尊重し、苦しみの中にいる者は、敵味方の区別なく救う」ことを目的として生まれた考えです。現在では、宗教や人種を超えた中立・公平など共通の基本原則の基に活動する民間の人道機関である赤十字社・赤新月社は、世界189の国に広がっています。日本赤十字社はそのうちの一社であり、西南戦争における負傷者救護で初めての活動を行って以来、国内外における災害救護をはじめとし、苦しむ人を救うために幅広い分野で活動しています。

皆さんが目にする赤十字マークには、大きく二つの意味があります。一つは、戦争や紛争などで傷ついた人びとと、その人たちを救護する軍の衛生部隊や赤十字の救護員・施設等を保護するためのマーク。そしてもう一つは、赤十字社であること示す表示のマークです。

紛争地域等で「赤十字マーク」を大きく掲げている病院・車両や救護員などには、絶対に攻撃を加えてはならないと国際法(ジュネーブ条約)や国内法(赤十字の標章及び名称等の使用の制限に関する法律)で厳格に定められています。つまり、赤十字マークは、いざという時にわれわれ国民一人ひとりを守るマークなのです。

赤十字マーク厳密な規定

写真

大切な意味を持つ赤十字マークには、なぜ大きさや形、色の濃淡などの様式が厳密に定められていないのでしょうか?
その理由は、

戦争や紛争のなかで、傷病者の治療や収容等の活動中であることを示すために赤十字のマークを掲げる人が、常に正確なマークを描けるとは限らないからです。

赤十字マークの規格を細かく厳密に定めてしまうと、戦争中に赤十字マークを掲げていても、寸法や形、色の濃淡などがわずかに異なることを理由として、その施設などが攻撃されてしまうかもしれません。

また、赤十字のマークは、赤十字の創設者アンリー・デュナンの祖国であるスイスに敬意を表して、スイス国旗の配色を逆にした「白地に赤い十字」としたものですが、イスラム教国は、「十字はキリスト教を連想させる」として、赤十字の代わりに「赤新月」を使用していますが、使用に際しての条件、効力などは「赤十字」とまったく同一です。

周りで目にする赤十字

写真

「赤十字マーク」が日ごろから不適切に使用され、世の中に氾濫すると、赤十字マークに対する理解が誤ることになり、赤十字が人道活動を実施することができなくなってしまいます。
そこで、戦時以外での「赤十字マーク」の使い方についても、国際的な取り決め(ジュネーブ条約)や国内の法律(赤十字の標章及び名称等の使用の制限に関する法律)によって、厳格に定められています。
「赤十字マーク」は病院や医療を象徴するマークだと思っている人も少なくないようですが、「赤十字マーク」を使用できるのは、赤十字社と自衛隊の衛生部隊など法律等に基づいて使用が認められている組織だけで、一般の病院や商品等に付けることは法律により厳しく禁止されているのです。

戦時の救護活動を攻撃から守るためのしるしとしての赤十字マークに、厳格な規格が決められていないのと同様に、赤十字マークに類似したマークについても、その使用が制限されています。


  • 1, 赤色系統の色を使用した十字マーク
    十字の色は、赤色だけでなく、赤色系統であれば類似となります。また、背景の色についても、完全な白色でなくても、白色系統えあれば類似となります
  • 2, 十字が傾いていたり、長さや形状を変えて図案化されていても類似となります。

日本赤十字社

写真

赤十字マークは、各国の赤十字社を表すマークとして使用することができます。

世界各国で人道活動を行っている各国の赤十字社は、赤十字社の関係している人や物であることを表すために、戦時でなくても「赤十字マーク」を使用することができます。これは、ジュネーブ条約により認められた使用方法です。
日本においては、ジュネーブ条約や日本国内の法律に基づき、日本赤十字社の病院や血液センター、献血ルームなどが日本赤十字社に関係する施設、車両、看護師等であることを表す“表示”の目的で「赤十字マーク」を使用しています。

もっと詳しい「赤十字」を知りたい方は…
出典:日本赤十字社 公式ホームページ
http://www.jrc.or.jp/


公式Twitter

PAGE TOP