2019年度ゴルフスクール レッスン日記

img01

2019年度 第2回 5/16(木)開催報告
こんにちは。TBSラジオキャスターの久保絵理紗です。5月16日木曜日、2019年度 第2回TBSラジオ&川口グリーンゴルフ ゴルフスクールを開催いたしました。

元号新たに、令和になって初めてのゴルフスクール。この日は、まさに「五月晴れ」といえる気持ちのいい天候で、爽やかな風が吹く中ゴルフを楽しみました。川口グリーンゴルフは敷地が広く打席数も多いので、この広々とした空間に来るだけで清々しい気持ちになれる、毎月のお楽しみです。

初級コースでは、個人レッスンが始まる前に坂本浩プロから集合がかかり、合同レクチャーを受けました。これがのちに、“魔法の言葉”になるんです・・・。テイクバックする際に、腕の力でクラブを引き上げるのではなく、ほんの少し左側に反動をつけてからテイクバックしてみましょう!とのことで、これをすることにより腕の力ではなく体の軸で回転しやすくなるんです。今までテイクバックのきっかけが苦手で、つい手首を返してしまったりと、失敗の原因はここにあったのだと気が付けました。レッスン生のみなさんも変化を実感されていました。ある方は、「買ったばかりのクラブが全然飛ばず後悔していたが、この方法でショットが見違えるように変わった!」と感激。ちょっとした工夫でショットの変化を感じられるのはゴルフの楽しいところですよね。

一方で、忘れやすいのもゴルフの特徴。先月までできていたことも簡単にできなくなってしまいます。落ち込んでいたら、浩プロから「ゴルフは“忘れるスポーツ”です」と励ましていただきましたが、からだが忘れないためには地道な練習を続けるほかないんですよね。改めて練習の大切さを痛感。ただ、ゴルフを初めて1年経ち、嬉しい変化もありました。月に一度のこのレッスンの冒頭は、何度打ってもしばらく芯を捉えられず「また逆戻りだ・・・」と落ち込むのですが、最近は感覚を取り戻すのが早くなりました。レッスンを始めたばかりの頃は1日かけてやっと思い出すくらい時間がかかっていましたが、少しずつの積み重ねでショットの感覚が体に染みついていることを実感しました。

中上級コースでは、苦手なドライバーをとことん突き詰めました。どうも毎回安定しないドライバー。修二プロにご相談し、アドレス・構えから徹底的に改善していただきました!ショットが不安定になる主な原因は「頭のズレ」。自分でも鏡を見ながらゆっくりショットを見ていたら、思っていた以上に頭が上下移動していました。これではショットがブレるわけです。そして、こんな質問をされました。「バックスイングの軌道は覚えていますか?」と。もうこれは即答でした。「一度も記憶していたことはありません。」そのときの修二プロの悲しそうな顔が忘れられません…。これはとても大事なことだそうで、バックスイングの軌道を意識して、その同じ軌道を戻ってきたと実感ができたときこそいいショットが打てる、と。心新たに、軌道を意識して丁寧にクラブを運ぶと、気持ちがいいほど芯を捉えたショットが打てるように!今回は、魔法の言葉を2つもいただき1回のレッスンで大きな成長を遂げられた気がします。大事なのは、この後の自主練ですね。

前回ラジオを聴いて初参加してくださった方が、今月もまた来てくださいました!リピートしていただけることは何より嬉しいことです。みなさん思い思いの目標がありますが、私も来月初めてプライベートでラウンドを回る予定ができ、今まで以上にゴルフ熱を帯びています。ゴルフ未経験の方も、ブランクが空いていて腰が重くなっている方も、この機会に一緒にゴルフ始めてみませんか?みなさまのご参加をお待ちしております。

■初心者コース/12:30〜 13名参加  ■中上級者コース/14:30〜 17名参加  計30名参加

photo

Copyright© 1995-2019, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.