インタビュー

貫地谷しほりさん

Q、台本を読んだ感想

 まず、「年収5億」という言葉が出てきた時に「なんだそりゃ」と(笑)。設定がすごく面白かったですね。後は、ランチ会の中でママ友たちとクラシックの会話が出てきたりして、なかなか友人とそういう会話しないと思う一方でちょっと興味持ったりして、聞いてみたくなりました。

写真

Q、演じる神谷由紀はどんな女性?

 ごく普通の女性だと思います。女の子なら誰でもお姫様願望があるし、自分の子供には自分が見たことのない世界を見せてあげたい。そういうところはすごいと思ったし、これから自分が母親になったらそういう風に思うのかな、とも思うし、子供には英語を喋れるようになって欲しいかな、という風に感じたので普通の女性だなと思います。ただ、子供に世界を見て欲しいという思いはきっと自分も親だったら持つのだと思いますが、由紀はちょっと頑張り過ぎちゃうところがありますね。


Q、由紀を演じていてやりがいのあるところは…?

 撮影初日に子供を抱えて走ったんですが、次の日めちゃくちゃ筋肉痛になって(笑)、本当に体力勝負だと思いました。娘・桜子役の後藤由依良ちゃんがすごい可愛くて、由依良ちゃんと全力で遊んで体を鍛えていきたいなと思っています。

写真

Q、逆に由紀を演じて戸惑ったところは…?

 由紀のかつての同級生・希子という、園の中では異分子が入って来て園内の輪が乱されていく中で、由紀がどういう行動を取るのかが一番の見どころにもなってきます。その部分は自分の中でも戸惑いがありました。でも、そういう中に入ったんだからそこに従わなきゃいけない暗黙のルールは、私自身はあまりみんなに合わせて群れないというかできないタイプなのでそこは演じていて辛かったです。

Q、どんな女性たちに見てもらいたいですか?

 本当にたくさんの方に見てもらいたいです。とてもほっこりするところもある反面、時にはかなりドロドロなシーンもあったりするので女性の方はすごく面白く見れるんじゃないかなと思います。男性の方も、ママたちの旦那さんだったりいろんな形で登場する男性がいますが、女子目線で「これは無いよ」って思ったりするとこもあるので、男性が見ても勉強になると思います。


Q、幼なじみ・希子役の木村文乃さんとの共演について

 彼女は、お料理がすごく上手なんですよね。「今日は何作るの?」って聞いたりワイワイとやっています。

写真

Q、「女の幸せ」って何だと思いますか?

 ドラマ、実生活ともに通して思うのは幸せは一人では掴めないということ。由紀は娘にいい景色を見せてあげたい、いい学校に入って、自分が見たことがない世界を見せてあげたいという思いがあって、それがちょっと空回りしちゃっているんですよね。私自身も自分の幸せをこうだと決めて違うほうにいってしまうときもありますし、失敗じゃないですがそういうことってあるなあと思います。

Q、視聴者のみなさんへメッセージをお願いします

 『マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』は、年収もバラバラのセレブママたちが出てきますが、その年収に合わせた洋服やバッグやいろんな小物などもすごく豪華で楽しめると思います。内容もすごく大事なことが詰まっていますし、ドロドロして目が離せない展開もたくさんありますので是非、楽しみにご覧ください!


トップへ