日曜劇場『小さな巨人』 4月16日日曜よる9時スタート

インタビュー 春風亭昇太さん

緊迫感あるシーンの連続です

写真

そうですね。普段、緊迫感のない仕事をしているので、別の場所にいるって感じがすごいんですよ。僕ここにいていいのかなって(笑)。ドラマと落語はまるで違いますからね。

緊張感の種類も違うんでしょうか

落語は間違ったら自分に降りかかるだけですが、ドラマは関わっている方が多いだけにスタッフみなさんの仕事を増やしてしまうわけで…。だからその緊張感はすごい!また緊張するんで、なおさら上手くいかないわけです。まだ慣れないですが、とてもやりがいはあるし楽しいです。

この番組のオファーを受けたときの感想を教えてください

最初はどんな役かも分からず、オファーをいただいたので「やります!」と即答したんですが、その後、ちょっと大変そうだなということがだんだんわかってきました。
僕が演じる三笠洋平は、組織の中で上手に生き抜いてきた人。それ考えると僕も意外とそうなんですよ。落語の世界をヌルヌルーっとくぐり抜けてきたので(笑)、その部分は似てるかなと思います。

三笠を演じてみて大変なところ

写真

撮影に入ってから、体の中で一部違和感があるんですよ。それがこれ!(と薬指にはめた結婚指輪を見せる)。
これをはめてると気になってしょうがなくて、ずーっと触ってしまうんですよね。しかもこれが僕の体に一向にフィットしない(笑)。これが落ち着くような日がくればいいんですが…。どうですか?似合わないでしょ(笑)。

現場の雰囲気は

ドラマを一緒に作ってるぞって雰囲気がみなぎっていますね。役者さんだけでなくスタッフ全員が「いいものつくるんだ」という思いは見ていて清々しいです。

長谷川博己さんについて

普段は普通の感覚をお持ちで、自然に普通の話が出来る方。でも、役に入るとやっぱり役者さんだなと思いますし、人気がある訳がわかりますね。でも背が高いので、並んで芝居すると僕がすごく小さく見えるので困ります(笑)。

一方、敵対している役・香川照之さんについて

写真

香川さんは、芝居全体を把握している感じがあって、一つ違う次元にいる方ですね。
この前、香川さんと撮影の合間にボクシングの話をしていたんですよ。二人ともボクシングが大好きなので、会話がすごく盛り上がったんです。
テスト前は普通に出来たんですが、待ち時間が終わって「さあ本番」となったら、1回緊張を解いてしまった自分がいて、もう(役に)戻らなくなっているんですね。それで、セリフを何度も何度もやり直しをして、周りの人にものすごい迷惑をかけてしまって…。
その時に、「僕は香川さんと同じ感じで撮影に対峙しちゃダメなんだ。僕は余裕ないんだから、緊張を解いちゃダメだ!」とすごく反省しました。

今後空き時間は、昇太さんに話しかけちゃダメなんですね

そうですね。全部終わるまで話しないでもらわないで…(笑)。話した時は、その輪から抜けて、集中しなきゃいけないことがよくわかりました。あの時はご迷惑かけましたみなさん。

主人公・香坂のように挫折した経験はありますか?

写真

小さい挫折はありますが、大きいのはあまりないんですよね。なぜかというと、(落語は)個人でやる仕事なので、悪かった理由も分かるし、逆にうまくいったのは僕が良かった(笑)か、もしくは運で。
落語家ってすごく分かりやすい職業なんですよね。良ければ自分、悪ければ自分。なので挫折の度合いが他の方が感じる挫折とは種類が違う気がします。落語家は挫折しても納得が出来るんです。僕の性格には合ってるなと思います。

メッセージをお願いします

警察組織の話なんですが、テレビをご覧の皆さんの会社や学校でも、多かれ少なかれきっとある話じゃないでしょうか。ですからどなたが見ても、共感していただけるドラマになっていますので、ぜひご覧いただければと思います。

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.