「ルクレツィアの肖像」をめぐって

レオナルド・ダ・ヴィンチ「ルクレツィアの肖像」

1490年−1495年頃に製作された、ミラノ公爵の愛人だったルクレツィア・クリベリの肖像画だとされている。「ルクレツィアの肖像」(「婦人の肖像(La Belle Ferronniere)」)に関しては長年、ダ・ヴィンチが2枚同じものを描いていたと言われており、1世紀近く真贋論争が続いていた。しかし、最新の科学分析などから1枚は真作、1枚は精巧な模写と判断された。 真作はパリのルーブル美術館が所蔵。模写はニューヨークのオークションにて予想落札価格を大きく上回る、153万8500ドルで落札された。

帆村正義は、なぜ「ルクレツィアの肖像」を探しているのか?
レオナルド・ダ・ヴィンチ作「ルクレツィアの肖像」には、どのような秘密が隠されているのか?!
謎の女が帆村正義に「ルクレツィアの肖像」の存在を示した理由は?
帆村正義は、なぜ「TAKE FIVE」を再結成させたのか?
窃盗を心から憎み、「TAKE FIVE」と対峙することになる刑事・笹原瑠衣の過去とは?
警察官でありながら、「TAKE FIVE」に加わる岩月の目的とは?
それぞれのキャラクターを追いながら、その真相にせまる。

end

PAGETOP