あらすじ&予告動画

Disc5・柳井研二 40歳 2012年8月13日 O.A

(ストーリーイメージ)

平成19年、夏。
東京都内の高校に通う16歳から17歳の少年が火災による重度の熱傷で死亡する事件が起きた。焼け跡からガソリンが検出されていることから、警察は放火殺人事件として捜査を開始。綾瀬中央警察署の刑事、沖島(渡辺哲)もその初動捜査の報告会に加わっていた。
すると、そこに交番勤務の警官・柳井研二(山中聡)が飛び込んできた。沖島の妻、夏子(宮田早苗)が飛び降り自殺をしたというのだ。
あくる日、柳井が勤務する交番に、沖島がやって来た。すると沖島は「放火事件の犯人は、俺だ」と衝撃の告白をする。驚く柳井に動機を語ると「手錠をかけろ」と言い、自分の腕を差し出すのだった。

あれから5年。
柳井は、念願の捜査一課の刑事として活躍していた。ある日、新聞で沖島の死刑が確定、という記事を目にする。複雑な思いのまま歩く柳井の目の前に、突然「走馬灯株式会社」が現れた。
エレベーターの扉が開くと、そこには真っ白い服を着た神沼(香椎由宇)が立っている。神沼は、生死に関らず、すべての方の人生を納めたDVDがここにはあると説明。そこで柳井は、沖島に手錠をかけた日のDVDを見ることに。
すると、当時は気付かなかった沖島のある言葉に違和感を抱く。疑いを持った柳井は、沖島の元を訪れるのだが…。

新着情報

(予告動画)

スペシャルコンテンツ

公式モバイルサイト