• (写真1)
  • (写真2)
  • (写真3)

あらすじ第2話 2012.10.25

(写真)

救命救急に配属されて早々、めまぐるしい研修生活が始まったしずく(仲里依紗)ら5人の研修医。
早速、真中(増田貴久)は自分が当直時の外来診察で、検査を受けてもらえないままに帰宅させてしまった沢田(平泉成)という初老の男が再び急患で運び込まれてきてしまい、香澄(須藤理彩)から指示を仰がず行動したことを厳しく叱責され落ち込んでしまう。
そんな中、しずくたちはそれぞれ担当の指導医が決まり、矢沢(林遣都)紗知(石橋杏奈)田淵(古田新太)に、真中と陽菜子(大政絢)は香澄に、そしてしずくは「医者に向いていない!」と言い放たれた宮島(小澤征悦)から何故か指名されて指導を受けることになる。

田淵の下に就いた矢沢と紗知は、腹痛を訴えて運ばれてきた中年男性・神田(野間口徹)の診察に立ち会う。CT検査の結果、神田は腸壁に異常を生じていることが判明するが、なんとその原因は神田が磁石を飲み込んでいたことだった。田淵は磁石を取り除く手術をすることに…。

一方、しずくと宮島は腹痛を訴えてやって来た若い女性患者・キヨミ(水崎綾女)を診察する。キヨミに付き添って来た恋人のケンジ(鈴木亮平)は、キヨミが食あたりでも起こしたのではと心配するが、実はキヨミは妊娠しており、腹痛はなんと陣痛だった。ケンジとキヨミの話から、しずくや宮島たちはキヨミのお腹の子がケンジの子ではないと気がつくのだが…。

Back Number