あらすじ

→予告動画

第八話(2012年3月1日(木)よる9時放送)

兄の想いに家族号泣〜涙の殉職

ある日、父の墓参りに出掛けたまま再び行方が分からなくなっていた長兄・健人 (反町隆史) が 優樹 (榮倉奈々) と連れ立って井原家に突然帰って来る。真人 (山下智久) は健人が優樹と一緒に戻ってきたことに驚くが、健人たちは事情を語りたがらず真人は二人の様子に戸惑う。
そんな矢先、真人は健人の荷物から大量の薬を発見してしまい健人が何か病を抱えていることに気付く。真人は健人の病を知りつつ自分にそのことを内緒にしていた優樹を詰問するが、優樹からは健人本人に聞いて欲しいと説明を拒まれてしまう。真人は健人に二人で話がしたいと言い出し、健人は詰め寄る真人についに自分の病について明かす。健人の告白にどう対処していいか判らず返す言葉を失う真人。

一方、優樹のいる高円寺署では優樹の先輩である 長峰 (水上剣星) が結婚し喜びで浮かれている中、管轄内の工事現場で死後数年経っている女性の白骨遺体が発見される。
調べにより遺体の身元は6年前に捜索願が出されていた大林恭子という女性だと判明し、その後の捜査で恭子がどうやら違法カジノに嵌っていた事も突き止める。優樹と長峰は更に恭子の身辺を捜査するため恭子の捜索願を出したという恭子の弟・健一 (榊英雄) のもとを訪ねるのだが、そこで健一から元刑事だと名乗る人が恭子のことを調べるために執拗に訪ねて来ていたと聞かされ…。

ゲスト紹介

(photo)

長峰美幸 … 西原亜希

大林健一 … 榊 英雄


↑このページの一番上へ