• (写真1)
  • (写真2)
  • (写真3)

あらすじ第1話 2012.10.18

(写真)

美山しずく(仲里依紗)は、青林大学付属病院に勤務する1年目の研修医。
これまでいくつかの科での研修を終えてきたしずくは、10月から同期で同じく研修医の矢沢圭(林遣都)真中潤一(増田貴久)小岩井陽菜子(大政絢)新城紗知(石橋杏奈)ら4人と共に、救命救急医療の最前線である救命センターに配属される。そこでは、研修医を医者とはみなさない宮島一樹(小澤征悦)田淵育男(古田新太)香澄弥生(須藤理彩)ら、腕も経験も豊富な指導医たちが待ち構えていた。

しずくは、初日からいきなり当直勤務という洗礼を受ける。そして静まりかえる夜中の医局に、救急を知らせるホットラインが鳴り響く。
しずくは香澄から自殺未遂の救急常連患者・夏希(山下リオ)の処置を命じられるが、暴れる夏希に苦戦して処置出来ず、香澄に厳しく叱責される。だが、そんなしずくにさらに追い打ちをかけるように、次々と容赦なく患者が運び込まれてくる。
この先、現実は“意地”だけではやっていけないことを、しずくは改めて痛感する……。

Back Number