現場レポート

撮了コメントを紹介します♪

2015.9.25

みなさんこんにちは♪
ついに最終回を迎えました『表参道高校合唱部!』6月初旬から撮影が始まりまして、猛暑の続いた暑い季節を駆け抜けて、撮影隊が撮了を迎えたのが、残暑という言葉も遠くなりつつある9月21日のことでした。
さてさて、最終回の放送後となります現場レポートですが、前回のレポに引き続きまして、出演者みなさんのクランクアップの様子をコメントとともに紹介させていただきます。
ということで、合唱部メンバーを中心に撮影が残っていました出演者ですが、9月20日に行われた最終回のクライマックスシーンを撮り終えたところで、

写真

写真に並ぶみなさんが撮了を迎えましたー!
撮了となったみなさんの名前が順にコールされつつ、花束がプレゼントされます。

写真

写真

写真

そんな中、森川さんに花束を渡す志尊さん、

写真

花束を渡し、そそくさとその場を離れると…

写真

「あれ、ハグはなしなの!?」
と、森川さんがジェスチャーでハグを要求w

写真

そんなやり取りがありつつ、お一人ずつ撮影現場を後にするコメントをいただきます。

写真

香川真弓役:松本来夢さん
こうやってオールアップを迎えられて、本当に嬉しいです。あと一日、がんばってください!

写真

相原ほのか役:長谷川ニイナさん
学園ドラマは初めてだったのですが、みなさんにいろいろと刺激を受けました。こんなに温かい現場に携われたことを本当に嬉しく思います。

写真

竹内風香役:小島梨里杏さん
最後の最後に良い子になれて、本当によかったです。再考の作品に出会えて、その中に入ることができて、本当に幸せでした。

写真

山田アンドリュー役:瑛さん
初ドラマがこの現場で、本当によかったです!

写真

桐星成実役:柴田杏花さん
この3ヶ月間、貴重な時間を過ごさせていただきました。この現場を思い出に終わらせるのではなくて、この現場で学んだことを次に生かせるよう頑張りたいと思います。

写真

相葉廉太郎役:泉澤祐希さん
合唱部の部長としてここまでやってこられたことが、本当に幸せで本当に楽しくて、みんなが大好きです。感謝しています。

写真

佐々木美子役:萩原みのりさん
とにかく、本当に楽しかったです。スタッフさんが作ってくれる現場の雰囲気が大好きで、毎日来るのが楽しみでした。

写真

引田里奈役:森川葵さん
オーディションのときに歌がキライと言ったはずなのに選んでいただき、本当にやれるか心配でした。それから毎日練習練習で、楽しいというよりは辛いと思うことの方が多かったんですけど、みんなと歌っているときに気持ちいいなと思える瞬間を感じることができました。歌の良さを知ることができて、参加させていただきよかったです。

写真

谷優里亞役:吉本実憂さん
本当に3ヶ月間、お世話になりました。最初は合唱部を廃部にさせたいという役所で、いろいろと考えるところがありましたが、この現場では今までできなかったことに挑戦できて、とても楽しかったです。時間に追われていることもありましたが、時間に追われているときこそ楽しいという現場の雰囲気がとても好きでした。

そして、この方の協力がなかったらこのドラマは成立しなかったといえる、合唱監修&指導を担当された福永一博さんからもコメントをいただきました。

写真

福永一博さん
このように合唱を通してドラマに携わらせていただくのは初めてでしたが、監督スタッフをはじめ、みなさんにお世話になりながら、すごく幸せな時間を過ごすことができました。何よりも、合唱部のみんなは撮影の中で練習をして、毎週のように新しい曲を歌うという、普通ではできない本当に大変なことを、この3ヶ月間やってこられたみんなには、本当に感謝の言葉しかありません。本当に幸せでした。

この日でスタジオ撮影分はすべて終了しまして、残すところ9月21日のロケ一日!
翌日のロケは、真琴たちが通う表参道高校の設定で撮影に使わせていただだいていました「淑徳与野中学・高等学校」からスタートしまして、まずここで撮了を迎えたのが先生チームの方々でした。

写真

瀬山えみり役:神田沙也加さん
12年ぶりにドラマをやらせていただきまして、これだけブランクが空くと、ドラマ初出演といってもいいんじゃないかと思えるくらい、最初は本当にご迷惑をかけているのでないかと、それだけが心配でした。映像って、瞬間瞬間を切り取っていく作業なので、本当に難しいなと思いましたが、よく考えたら3ヶ月も同じ役でいられるなんてすごく贅沢なことだと思いました。また機会がありましたら、映像にもチャレンジしていきたいと思いました。

写真

天草五郎役:デビット伊東さん
みなさん、お疲れさまでした。もう少し(撮影が)ありますが頑張ってください。近年稀にみる人物背景のない役柄で大変でした(笑)。でも、一つ勉強になりました。「役者は常に考えてなければいけない」ということを勉強できた作品でした。これを期に、背景がない役でも突破できる役者になりたいと思います。

写真

大曽根徳子役:高畑淳子さん
本当に夏の暑い時期、大変だったと思います。お話では真琴の家庭は再生しましたけど、スタッフみなさまの家庭が崩壊していないことが心配です。私は、本当に歌が好きです。世界にはハーモニーが必要であること、たくさんの人が一つの音に向かって一つになっていくということは、あらためて良いなと思いました。

写真

鈴木有明役:城田優さん
個人的にちょっと大変な時期でもありましたが、そんな中でもこのドラマに挑戦したいと思えたのは、校長先生もおっしゃっていたように、歌の力だと思います。自分も本当に歌が大好き、音楽が大好きなので、まだ音楽の魅力を知らない人にはその素晴らしさを、知っている人たちにはよりその深さや温かさを伝えられたらという想いでオファーを受けました。
いろいろと大変なことはありましたなによりも主演の芳根京子さんをはじめ、かけがえのない生徒たちに恵まれたことを本当に幸せに思いますし、第二の青春を過ごさせていただき、本当に楽しい毎日でした。終わってしまうのは寂しいですが、また何かの形でみなさんとお会いできることを楽しみにしています。

そして、先生チームに続きまして撮了を迎えたのが高杉真宙さんです。

写真

宮崎祐役:高杉真宙さん
今日、無事にオールアップすることができてよかったです。歌が苦手で、オーディションではダメだろうなと思っていましたが、この合唱部に入ることができて本当によかったです。何度も何度も歌の練習をしているうちに、みんなと歌うことが好きになったり、何気ないところでみんなと歌っているのが本当に好きでした。

高杉さんが撮了を迎えたシーンのほか、もうワンシーンの撮影を終えて、東京都は北区で撮影されていた万歳庵のロケ地へと移動です。
そこで撮了を迎えたのが、佐藤怜さんでした。

写真

若き美奈代役:佐藤怜さん
今日は最後ということで寂しいのですが、無事に終えることができて嬉しいです。ドラマが初めてだったので、どんどんスピードが上がって進んでいくことにドキドキしていましたが、みなさんのおかげで楽しく過ごすことができました。

ほどなく撮影が終わると、今度は銀杏並木で有名な神宮外苑へと移動しまして、第9話のラストシーンから繋がる、真琴と雄司&美奈代のシーンの撮影でした。そこで全ての撮影を終えたのが、堀内敬子さんです。

写真

香川美奈代役:堀内敬子さん
川平慈英さんには舞台で本当にお世話になりまして、今ここに自分があるのは慈英さんのおかげだと言っても過言ではないくらいです。そして、同期で頑張っていた石丸幹二さんとドラまで歌う日が来るなんて思っていなかったので、とても思い出に残る作品になりました。純粋に情熱を持って何かをするということは、とても感動することなんだと、この作品で学びました。これからも純粋に情熱を持って、仕事に取り組んでいきたいと思います。

神宮外苑で堀内さんを送り出したオモ高撮影隊は、いよいよ最後のロケ地となります、東京都は渋谷区幡ヶ谷へと向かいました。そこで最初に撮了を迎えたのが堀井新太さんです。

写真

桜庭大輔役:堀井新太さん
みなさん、長い間ありがとうございました。(練習を始めた当初)ハモリとかができなかった頃が懐かしく感じます(笑)。歌って本当に楽しいなと思いましたし、お芝居も学ぶことができました。

堀井さんが撮了を迎えまして、撮影隊は最後の撮影へと入ります。ちなみに、最後のシーンとなったのが雄司を訪ねた快人、とそこにやってくる真琴…というシーンでした。そして時間は日付が変わり1時間経たないところで、ついにオールクランクアップです!
恒例の花束贈呈式が行われまして、

主演を務めた芳根さんへの花束プレゼンテーターは、オールクランクアップへ駆けつけた城田さんでした!
そのサプライズに、
「なんで城田さんがいるの〜〜〜!?」
と、驚きと嬉し涙の芳根さんです。

写真

さて、それでは最後に撮了を迎えた3名のクランクアップコメントを紹介させていただきます♪

写真

香川雄司役:川平慈英さん
いやぁ、楽しかったです! こんなに楽しくていいんですか? いいんですという感じです(笑)。実は、一緒に舞台をやっていて僕が敬愛する方から、「金曜の夜はオモ高を観て、泣いてスッキリして寝るのが決まりなんだ」と言っていただきました。僕の友達も、心がほっこりすると言ってくれています。観てくれた方のハートは必ず鷲掴みにする、素晴らしいドラマだと自負しています。また、カメラの前で役者として芝居ができたことに幸せを感じました。

写真

夏目快人役:志尊淳さん
僕自身、ゴールデンタイムの連続ドラマに出演させていただくのが初めてでした。そして今回、夏目快人という役をいただいて、すごく悩んだこともたくさんありましたが、それ以上にみなさんには愛のある現場の雰囲気を作っていただきまして、いい現場でいい作品でいい役にめぐり合えたことを感謝しています。

写真

香川真琴役:芳根京子さん
城田さんが来てくれるなんてビックリしました。小豆島から始まって3ヵ月半ほどですが、私は本当にこの現場の雰囲気が大好きで、明日からこれがなくなっちゃうんだと思うと凄く寂しくて…。でも、こんな素敵なドラマで初めての主演をさせていただいて、本当に幸せだなとあらためて感じています。この3ヵ月半は、私の人生の中でもすごく大切なものになったと思います。長いような短いような3ヵ月半でしたが、本当にありがとうございました。

以上、少々駆け足でありましたが、撮了の様子を紹介させていただきまして、今回の現場レポは仕舞いとさせていただきます。
7月17日からスタートしました『表参道高校合唱部!』本日で全10話の放送が終了いたしました。
最後までドラマをお楽しみいただき、ありがとうございました♪
なお、番組HPはまだしばらくご覧いただけますところ、まだ公開されていない合唱フルバージョンも、関係各所諸々の準備ができたところで公開させていただきたいと思います。
また、ファンメッセージへ番組のご感想などお待ちしておりますので、よろしくお願い致します!

BackNumber

過去の記事

トップへ