コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

奇跡のドラマスペシャル ミラクルボイス

2008年1月3日(木)深夜22:15放送

メイキングレポート

 

“クライマックスの撮影も順調に。後に残るは…編集のみ。”

『奇跡のドラマスペシャル ミラクルボイス』メイキングレポート #06
【画像】
この日クランクインとなった、ゆみ役・渡辺夏菜さん。
さて、このメイキングレポートもこれが最後。皆さま、お付き合い頂きまして大変有難うございました!
最後のメイキングレポートは、充がようやく一番大切なものは何なのかに気付き、田舎へと帰ってしまうゆみを追いかけるクライマックスシーンの様子をお伝えして終わりたいと思います。
感動的なクライマックスシーンでしたが、皆さんの感想は如何でしたか?

【画像】
ゆみが乗る高知行きの高速バス。これを充は追いかけて…
このシーンの撮影は高速バスが離発着する新宿で行われました。
撮影当日ロケ現場に訪れると、「ブルーメッツ号 高知」と書かれた高速バスがバス停に停まっています。

ゆみの乗ったこのバスを追いかけて鳥山充は走りまくるのですが、そのバスを追いかけて走る距離を見て「長いよ、これ…」と塚本高史さん。しかもバスは結構な勢いで走っていくのです。 「速っ! あれを追っかけるんですか!」と塚本さんもちょっと心配顔。 WebStaff もその距離と速さにちょっと唖然。日ごろ運動不足のメタボリックな WebStaff ですから、あれだけの距離を走ったらきっと倒れる事間違い無し…。

【画像】
高知行きの高速バス停、実はこれ、セットなんです!
そして、いよいよ本番を迎えます。
「本番! よーい…」の声が掛かると、まるでアスリート選手がするように、手拍子を求める塚本さんの姿が。その様子にスタッフも思わず笑いながら、長距離ダッシュを手拍子で鼓舞します。

「よーい、スタート!」の声がかかり、タイミング良く全力疾走をする塚本さん…でしたが、本番1回目はバス側との呼吸が合わずに敢無くNGに…。「お芝居はとても良かったよ」と倉貫監督もねぎらいの声をかけます。うーん。なかなか難しいものですね。
【画像】
バスを追いかけるため長い距離を走る塚本高史さん。思わず「きっつー…」と漏らす一幕も。
そして臨んだ2テイク目。またまたアスリート選手のように手拍子を求めたあと、再び全力疾走!
塚本さんの靴音が遠ざかり、少しの静寂があった後…「カット! チェックします!」と、ようやく OK の声が掛かります。
塚本さんは辛そうに息を切らしながらも、ひと安心した様子。「きっつー…(笑)」と、満面の笑みを漏らすのでした。