あらすじ

第二話「ニセ警官の決着!」

8年前の遠山一家皆殺し事件と女子高生強姦殺人事件の容疑者として勾留された 沢渡前知事 (渡部篤郎)。首を吊って自殺したとされる 郷田議員 (石丸謙二郎) の遺書を元に取調べを受けても、余裕の表情で微笑んでいるばかり。沢渡の勾留期間があと一週間になり、同じく取調べを受けている沢渡の元秘書で県会議員の 橋本 (小木茂光) からの自供が取れるかが重要な鍵となるのだが、橋本は 「話せば殺される!」 と怯え取調室で倒れてしまう。
同じ頃、新しい知事の 田宮 (池田政典) の元へ匿名の文書が送られてきた。その中には 「郷田は自殺ではなく 黒河内 (長瀬智也) に殺された」 と書かれていた。いたずらだろうと言う田宮だったが、堂島 (風間杜夫) と 薬師寺 (大地康雄) から、郷田の首に残されたロープの不自然な痕から、郷田は殺害された可能性があることを告げる。そのことを知った 清家 (剛力彩芽) は…?
 一方、大音量で音楽を流しているアパートへの苦情対応で駆けつけた警官の前に、金髪のカツラに警官の制帽をかぶった薄気味悪い 堀 (渡部豪太) という男が現れる。職務質問を受けていると堀は、電話で誰かに助けを呼んでいるようだった。電話を換わった警官は、その電話の相手が黒河内だったことを知る…。


金曜ドラマ『クロコーチ』公式Twitter