潜入捜査日誌

No.40

Date.2013年10月17日 (木)

…と、その前に今日のよる10時からは「ジンロリアン」に、チーム・クロコーチが登場します。
※ジンロリアンとは?→公式サイトはコチラ

ジンロリアンとは、視聴者参加型の謎解きドラマ…人を騙しあうお芝居をしなければならないのですが、スタジオに入る前から剛ちゃんはこれから繰り広げられるアドリブ合戦に「緊張してきた!」と、早くも泣きそう。
緊張で冷たくなった手をコバちゃんにピタっとくっつけてきて…かわいいですよね〜♪
剛ちゃんこと剛力彩芽ちゃんも奮闘した「ジンロリアン」はこんや10時から放送です!
ジンロリアンの公式サイトから参加が出来るので、みなさんも一緒に人狼を探しましょう〜♪

↑このページの一番上へ

No.39

Date.2013年10月17日 (木)

1話放送後から毎日日誌を書き続けていると…
あっと言う間に金曜になってしまいますね。。。
明日はいよいよクロコーチ第2話の放送!
2話といえば…
ナゾの裸の男の登場…
またしても清家さん大ピンチ!!!!
からの、黒河内の「あちゃ〜」が気になるところ。。。
2話では1話以上 “まッッッッッ黒”な黒河内さんにお会いできますよ〜。
2話を担当する山本監督も思わず
「黒河内さん、これはまさに真っ黒です。」とつぶやいたシーンが登場!お楽しみに〜♪

↑このページの一番上へ

No.38

Date.2013年10月17日 (木)

刑事ドラマではずせないのは事件の「戒名」
必ず見かけますよね〜。捜査本部の部屋の前に担当する事件の戒名が掲げられています。
ということは、この写真も捜査本部の部屋の前。
ちょろっと扇風機が見えるのわかります?
捜査本部はセットなのですが、上下左右ぐるっと囲まれたセットに、明るい照明機材があると、思っている以上に蒸し風呂状態になるのです。冬でもみんな汗ダクダク。ということで、快適に過ごせるようにと季節はずれの扇風機が真冬でも出番だ!と呼ばれるわけです。

↑このページの一番上へ

No.37

Date.2013年10月16日 (水)

この四角い箱の正体は…
“すし詰め状態のエレベーター” でした!
エレベーターは狭いのに、いつもどうやって撮影してるんだろう〜と思っていたんですが、こうやって撮影してるのですね〜
外側はお借りしているロケ場所のエレベーターで中のシーンはスタジオ…美術さんの再現力。すごいですね!

↑このページの一番上へ

No.36

Date.2013年10月16日 (水)

こんにちは〜コバちゃんです。この潜入捜査日誌が始まってから…コバちゃんの周りからもコバちゃんコーナー始めたの?!」「こりゃクロコーチ見なきゃだ!と連絡が入ってくるのですが…コバちゃんが日誌をやらなくとも、ぜひクロコーチは見て欲しいものですね。。。
そして、このコーナーのコバちゃんの似顔絵も「かわいい!よく描いてくれてるね!よかったね!」って言葉もかけられるんですけど、感想は「かわいい!」だけにしておいて欲しいですね…。
さて、本題に入りまして、久々にコバちゃんがスタジオに潜入していたときに突如現れた不思議な四角い箱…
これが1話のどのシーンで登場したか…みなさんわかります?

↑このページの一番上へ

No.35

Date.2013年10月15日 (火)

捜査会議で、郷田のアリバイを報告しているときの黒河内の捜査用写真を覚えていますか?
郷田先生の写真を含めこういう写真は「劇用写真」といって、出演者さんの時間を借りて、監督の演出のもと1枚1枚とっているのですが…あの捜査会議のときの満面の笑みの黒河内さんは、堂島本部長の表彰を受けて、広報誌に載った…というシチュエーション。
監督から指示された演出は「120 %の笑顔で」と一言。
それを受けて長瀬さん…「120%!?…その顔、放送で使えるかなぁ(笑)。」と120%というありったけの笑顔に心配そう…何度も笑顔の種類を変えての撮影に表情も凝り気味でしたが…放送ではバッチリ黒河内のニカッ顔になっていましたよね。あの笑顔…クセになりますっ!みなさんも目を閉じると浮かんできませんか〜?

↑このページの一番上へ

No.34

Date.2013年10月14日 (月)

ものすごい存在感だった沢渡元県知事。1話にして黒河内に勾留されてしまいました。
黒河内沢渡の目に見えない黒いバチバチ感がすごい!
1話放送前の電波ジャックで、コバちゃんがキャストたちに休む暇なく宣伝してもらったとき、沢渡を演じている渡部さんは、とある新聞社のインタビューで「黒河内と沢渡って追う追われるの立場だけでなく、実はお互いをリスペクトしてるんじゃないかな。違うかたちで出会っていたらとても仲良くなれそうだよね。沢渡の微笑みも見下しているというよりは、“ここまで来たか”というような、感嘆の微笑みじゃないかと思って演じています。」と言っていたんです。
コバちゃんはインタビューを受ける姿まで完璧な渡部さんに見惚れていたけど…のちのち思い出してみたらなるほど〜と思っています。今。。。

↑このページの一番上へ

No.33

Date.2013年10月14日 (月)

黒河内が講演中の沢渡に会いに行ったシーンで、何やら見慣れないゆるキャラが…

「ぬえ左衛門」と言って、伊豆の国市のキャラクターなのです。

存在感バツグンでしたよねぇ〜。。
なぜ伊豆の国市かって??
…これも未解決事件ですねぇ〜(笑)。

↑このページの一番上へ

No.32

Date.2013年10月13日 (日)

ちょっと真面目に潜入レポート
黒河内が七福神から清家を逃がそうとするときの黒河内のマインド渡瀬監督(左)平川監督(右)長く話しあっていた長瀬さん。
撮影前に決めていても、実際に動いて黒河内を演じていると「やっぱりこうしたほうがいい。」と思うところがでてくるみたい…
ここでは「本気で清家を守ろうとしているのか、ふざけた方がいいのか…」というのを議題に話していました。コバちゃんの耳に入ってきたのは「子を送る親の気持ち」というワード…でも結局は清家をダシに使って退治しちゃったんですけどね。

↑このページの一番上へ

No.31

Date.2013年10月12日 (土)

郷田が隠した銃。それを探すために黒河内は別荘にやってきたのですが、
お借りしてるペンションに美術スタッフが柱を作り、黒河内さんには存分に柱を壊してもらいました☆
作り物とはいえ…壁を壊すのは一発本番!
壊すことを考慮して、壊れやすい素材を使ってはいますが、すぐに壊れてしまっては、つまらない…と、本番前に念入りに力加減を美術スタッフと話し合っていました。
「イヤだよな〜こういうの。緊張する〜^^」と、言っていた長瀬さんですが…。もちろん一発Ok!!
コバちゃんが壊れた柱のところを念入りにパパラッチしていると、「現場検証してるの?」なんて言われちゃったんですけど、「コバちゃんの潜入捜査日誌」だから、理に適ってますよね??!!

↑このページの一番上へ

No.30

Date.2013年10月12日 (土)

こちらは黒河内に撃たれたあとの2人の額に血のりをつけるスタッフたち。

「こういうのはセンスが問われるんだ!」

と、熱く血のりをつけていました…

↑このページの一番上へ

バックナンバー

| 13 | 12 | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |



金曜ドラマ『クロコーチ』公式Twitter

@kurokouchitbs(Twittter社のサイトへ移動します。)