インタビュー

金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』2017年7月スタート 毎週金曜よる10時

瑛太さんインタビュー

Q:このドラマのお話を聞いたときのお気持ちというと?

写真 大根監督から原作は読まなくていいと言われたのですが、パラパラと目を通してみて、ストーリーもたくさんのジャンルにわたっていて、読み終わりが痛快で気分よく楽しめ、とてもおもしろいと思いました。大根監督とは『まほろ駅前番外地』というドラマを一緒にやらせていただきましたが、このとき演じた便利屋も、探偵と重なるところがあると感じています。

Q:今回演じられる七瀬五郎とはどんな人物だと思いますか?

写真 キーワードとしては、ちょっとバカでスケベなんだけど、人間としての誠実さも持っています。監督の演出によりゴローのいろんな面が見えてくると思うので、自分としては、特に決め付けないようにして、監督の想像力に委ねています。
監督から探偵ドラマをやろうと言われたとき、何の根拠もありませんが「ロン毛がいいかな」と思ったんです。普通の職業ならキチンとした髪型でないとダメだと思いますが、探偵業というある意味アウトローな世界にも行き来しているような職業だというイメージがあるので、ロン毛で普段はまとめているというのはアリかと思いました。

Q:そんな七瀬五郎を演じて思うことは?

写真 依頼人が現れて、その問題に対してグレさんと動いて、そして解決して…と、流れはシンプルなのですが、ゴローの正義感や人を救いたいという熱量を、演じていて感じています。探偵は大変な職業だと思います。ストーリーの中では、家族にまつわる重い話も描かれていて、ゴローはしがない探偵だけども、その人たちを救いたいという気持ちの強さが出ていると思います。

Q:共演者の印象や撮影現場の様子はいかがですか?

写真 まったく違う性格の人たちが集まっていると思うのですが、居心地が悪いわけではなく、それぞれ連携しながら、粛々と撮影に臨んでいる感じです。客観的に観て、この4人がおもしろく映っていたらいいなと思います。
今回の撮影では、全ての面においてチャレンジだと思っています。とにかくたくさん撮るので、ある意味の修行というか、俳優にとってとても厳しいところに身を置いてやっているので、集中力を保つのが本当に大変です。

Q:最後に、みなさんへメッセージをお願いします!

人情モノもあればミステリーもあって、アクションも恋愛もあり…といった感じで、いろんな要素がある中、依頼人の思いに対して、探偵として人としてどう応えていくのか? そんなおもしろ味と、問題を解決したときの爽快感はこのドラマの魅力だと思います。
今までに見たことのない探偵ドラマになっていると思いますので、ぜひ毎週欠かさずご覧ください。


BACKNUMBER

  • 山口智子さん
  • 森田剛さん
  • 深田恭子さん
  • 瑛太さん

スペシャルコンテンツ

登場人物 ゲスト紹介 ゴロー写真館 インタビュー ロケ地紹介 ハロネズ探偵日記 音楽情報 原作紹介

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.