過去の放送内容

2019年6月の放送内容

パラ陸上・走り幅跳び選手の山本篤選手と仙台青葉まつりの 「すずめ踊り」 の遠藤史子さんとの対談を1ヶ月に渡ってお届けします。

山本 篤
×

山本篤 - パラ陸上走り幅跳び選手

静岡県掛川市出身。37歳。
高校生の時、バイク事故で左大腿部から下を切断。
卒業後、義肢装具士の専門学校で陸上に出会う。

2008年北京パラリンピック 走り幅跳び 銀メダル 2012年ロンドンパラリンピック 走り幅跳び 5位 2013年IPC世界陸上競技選手権 走り幅跳び 金メダル 2014年アジアパラ競技大会 走り幅跳び 金メダル 2016年リオパラリンピック 走り幅跳び 銀メダル 2017年世界パラ陸上競技選手権 走り幅跳び 銀メダル
日本の義足陸上選手初のパラリンピック・メダリスト。
100mや4×100mリレー、スノボでも輝かしい成績を残す。
義肢装具士の国家資格を持ち、スポーツ科学の研究者でもある。

東日本大震災の後、被災地を走る復興イベントに積極的に参加。
東北を元気づけたいと願い、2020東京パラリンピックを目指す。

遠藤史子 - 「仙台すずめ踊り」 踊り手

宮城県仙台市出身。34歳。
幼い頃から踊りが大好きで8歳から「すずめ踊り」を始めた。
毎年開催される「仙台・青葉まつり」の華として注目される「すずめ踊り」の踊り手として、指導者として活動している。

震災後、復興を誓うため、100以上の「すずめ踊り」の団体からメンバーを選抜して結成された「伊達の舞」。
その中でも、指折りの踊りの名手として知られている。

また、「せんだい杜の都親善大使」としての経歴を持ち、日本各地や海外でも踊りを披露し、宮城県や「すずめ踊り」の普及・PR 活動に励んでいる。

6月の放送ラインナップ

6月5日
かっこいい、から入る
6月12日
復興を機につながる
6月19日
自分の限界をこえる
6月26日
最高のパフォーマンス

このページのトップへ