インタビュー 川合勝太郎役 町田啓太さん

――本作の印象は?

どこか懐かしい感じもあるストレートな純愛ストーリー。美しい映像の中に、さわやかさや青春、温かさが凝縮されていて、個人的にもすごく好きなドラマだなとまず思いました。そんな作品に出演することができてうれしいです。ドラマを見た知人からは次の回が楽しみだとたくさん連絡をもらいました。僕自身は放送前にも見ていたのですが、1話はオンエアでも見ました。最初に見たときとはまた違った感覚で楽しめて、ワクワクしながら見ました。あと、教師と生徒の禁断の愛というのがテーマですが、どの世代の方も楽しんでいただけるのではないのかと感じました。僕は中学生のころ、ドラマを見ていて「恋愛っていいな」と感じることがあったのですが、そういう空気を感じていただける作品になっていると思いました。

写真

――勝太郎という人物について教えてください。

聖の婚約者でエリート商社マン。やさしくて陽気なところもあって、聖をリードしているような人です。と、今言ってても恥ずかしくなるくらい(笑)、良い面ばかりの完璧な人なので演じるのは難しいところもあります。今まで彼は壁という壁に当たったことがないんじゃないかと思うんです。でも今後聖と晶くんのことが分かったときや、自分の周りでどんどん変わっていく人間模様を目の当たりにしていく中で、彼の人間臭い部分が増していくと思うので、そこを演じるのは楽しみでもありますし、役者としても挑戦だなという気持ちで現場に臨んでいます。

――恋人である聖と上司である原口の前では印象の異なる勝太郎。演じる上で気を付けていることはありますか?

現場で有村(架純)さんと吉田(羊)さんとお芝居しているとそれぞれ自然と全く違う感覚になるので、そこに素直に反応していければいいかなと思いながら挑んでいます。監督とは、聖と勝太郎はずっと付き合ってた仲で、勝太郎は聖に頼られているという自覚がありながら付き合っている、その自覚は持って演じようと事前に話しました。
一方で、原口さんは「この人面白いな」とか「ずけずけはっきり言ってくるこの人は何なんだろう」と興味をひかれる存在なので、聖といるときとはまた違った勝太郎になっていると思っています。2つを意識的に演じ分けようとは意識していないのですが、聖、原口さんそれぞれに対する感じ方を変えていけたらいいなと思って演じるようにしています。

――そんな勝太郎との共通点やここは違うなと感じる点は?

共感できるのは「全然たいした人間じゃないから」と言うところ。あとは関西の人から「お前全然おもろないヤツやな」と言われるところです。僕も結構関西の先輩から言われることがあるので(笑)。違うなと思うのは…まずそんな完璧ではないですよね(笑)。彼はすごくやさしくて、仕事もめちゃくちゃできますし。実際の僕は…もっと腹黒いところもあると思います(笑)。

――落ち込む聖をなぐさめるシーンなど勝太郎の行動にキュンとする視聴者の方も多いようです。

1話で聖を勝太郎が後ろから抱きしめるシーンは、監督とプロデューサーから「椅子のキャスターを使ってやってみてほしい」「なぐさめるように頭をポンポンとする仕草を」と言われて、いろいろと試行錯誤してあのようなシーンになりました。有村さんが素敵なお芝居をされていたので、まずはそこに反応していこうと現場で作り上げたシーンです。このシーンの段階では勝太郎としては聖といい方向に進んでいると思っているので、不安要素を感じる前の2人の幸せな時間を見せられたいいなと思って演じました。

写真

――印象に残っているシーンを教えてください。

聖と晶くんのシーンはゾワゾワもしましたし、ワクワクもしましたし、いろんな感情が忙しく流れる感じで、見ていて飽きることがなくてどれも印象に残っています。特に1話の雨の車の中での2人の感じが本当に素敵だなと思いました。これからこの2人が本当の意味で始まるんだなと予感させるというか。僕はそのシーンの撮影現場をまったく見ていないですし、勝太郎としてもその出来事のことは知らないですけど、勝太郎としてなのか町田啓太本人としてなのか見た後は胸のざわつきが半端なかったです。あとは、1話の最後で聖に告白をするときの晶くんの顔も「いい顔をするな、素敵だな」と思って印象に残っています。 自分が出ているシーンだと、1話のプロポーズのシーンです。クランクインの日に撮影したので、僕自身のソワソワした気持ちをプロポーズを前にソワソワする勝太郎のお芝居に反映できたのかなと思います。数年付き合ってきた2人ならではの、いい意味でちょっとゆるいというか、あったかくてほっこりするプロポーズが印象的でした。
これから放送されるシーンでいうと、聖と晶くんのことを知ってしまった後の勝太郎と聖のシーンです。今まで全く見せたことのない勝太郎になっていると思うので、ぜひ楽しみにしていただきたいです。

写真

――共演者の方々の印象は?

有村さんは想像通りというか想像以上に穏やかな方です。誰に対しても態度が変わらないですし、すごく気を遣われる素敵な方。現場での“癒し”です。そんな有村さんだからまっすぐな聖を演じられるんだと思います。吉田さんは、演じる原口さんはミステリアスでつかみどころのないキャラクターなんですけど、実際の吉田さんはすごく気さくな方です。僕がつまらないことを言ってもひろってくださったり(笑)、冗談を交えながら気軽に話せるフランクな方です。そんな全然違うお2人なので、それぞれの現場に行くと毎回新鮮です。それをいい感じに勝太郎を演じる際にいかせられたらいいなと思います。
岡田(健史)くんとは、この前一緒になるシーンがありました。目と佇まいが印象的で、一緒にお芝居したらどんな風になるんだろうとご一緒する前からワクワクしていたんです。本当にまっすぐなお芝居をされるので、僕もしっかり向き合わないといけないなと感じさせられました。まっすぐさがビシビシ伝わってきて「よし僕も!」と勝太郎の中での闘争心みたいなものも掻き立てられたのではないかなと思います。

写真

――最後に本作の見どころをお願いします。

先生と中学生の恋愛という部分にまず注目しがちですが、人として惹かれるというのはどういうことなのかということを感じとっていただける作品です。そして、聖と生徒である晶、聖と婚約者の勝太郎、生徒たち同士、その家族、勝太郎と原口さんなど、一つのドラマの中にいくつものドラマがつまっています。その中で、自分に近いところに注目してみていただけると楽しんでいただけるのではないかと思います。ぜひいろんな感想を持って見ていただきたいです。

写真

BackNumber

  • 写真有村架純さん×
    岡田健史さん
  • 写真夏川結衣さん
  • 写真岸谷五朗さん
  • 写真吉田 羊さん
  • 写真町田啓太さん
  • 写真岡田健史さん
  • 写真有村架純さん
Twitter Instagram facebook facebook
※外部サイトへ移動します

Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

TOP