サプリの『アンドウロイド解析』

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーーーーーーン!『安堂ロイド』を解析していくだよ。全て、サプリが人間やアンドロイドから聞いた内容だから、マチガイ(偽りの事実)もあるかもしれないにゃー!!!

#7

★沫嶋黎士の魂

“沫嶋黎士の脳データが破壊されてもなお、沫嶋黎士の魂が残存し、タイムケーブルのゲートを閉じているのでは?”と仮説を立てたポリスクラウドは、“安堂麻陽を殺せばゲートは開く”と考えている。ゲートを閉じているのは、“沫嶋黎士の魂”なのか?

★公安部幹部・幹谷の目的

「医薬品や食料、武器などのテクノロジーで救える生命に比べたら、一人の命の犠牲などやむを得ない。民主主義とは、最大多数の最大幸福のためにある」と国民の暮らしと命を守ることが前提であるかのように2113年のポリスクラウド・ケプラとメンデルに告げる。しかし、本当の目的は

★アスラシステムの開発者

アスラOSを開発したインド人のある教授は、2066年に落雷で壊れたロイドを修理する。そこで、ロイドらアンドロイドたちが行った「血のクリスマスイブ作戦」はバグではなく、“政治家たちの謀略だった”ことを知る。そして、ロイドを一人の人間として扱い、「未来に誇れる現在(いま)を作れ。それが大人の責任だ」という言葉を贈った。
しかし、その後、その教授は行方不明。

★サプリの想い

安堂麻陽と沫嶋黎士は、その存在自体が私たちにとって、旗なんだから。その旗が向う先に、私たちの大切な希望がある。どんな苦労や悲しみをくらっても、立ちあがる意味がある。そう思わせてくれる存在。だから、旗が絶対に迷っちゃだめ。倒れちゃダメ。わかった?それがあんたの仕事。これは私たちの仕事。私はあんまり戦闘能力がないからさ。ひとまずこいつに全力を注ぐ。その辺は人間もあたしたちも同じだね。

★角城の想い

角城は、ARX IX - THE LAST QUEENに「うまれたばかりの君は判らないかも知れないが……大人は未来に誇れる現在(いま)を作らなきゃいけない責任がある。沫嶋教授を生きてこの世界に還すまで、この若者達を死なせるわけにはいかない」と告げる。

★ARX IX - THE LAST QUEEN

七瀬の別人格・沫嶋黎子によって、プリントアウトされた。七瀬は、2013年10月8日、何者かが沫嶋黎士のパソコンを使い2113年から2013年にアンドロイド(ロイド)をプリントアウトしていると気づき、2113年からポリスクラウドのデータを、2066年からロイドのデータをダウンロードした。そのデータを元に、2013年製のアンドロイド・ARX IX - THE LAST QUEENを設計し、2013年にプリントアウトした。

BACKNUMBER