サプリの『アンドウロイド解析』

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーーーーーーン!『安堂ロイド』を解析していくだよ。全て、サプリが人間やアンドロイドから聞いた内容だから、マチガイ(偽りの事実)もあるかもしれないにゃー!!!

#6

支援機・サプリが残したデータの受信完了。
現在、サプリに替わる修理用支援機体に関しては準備中……。

★2066年の事件

ARX II-13(ロイド)は2066年に暴走し、民間人10億人を虐殺。世界の指導者たちも殺戮した虐殺器官である。

★次元物理通信回線

ワームホールを研究していた沫嶋黎士は、未来と通信するための次元物理通信回線(タイムケーブル)を開通させ、その危険に気づいて慌てて閉じる。その際、2113年から11体の警察機体アンドロイドが2013年にプリントアウトされた。

また、沫嶋黎士が次元物理通信回線を閉ざした後、何者かの手によって別回線を使用し、ARX II-13、サプリの弐体が2013年にプリントアウトされた。

★ブレインボックス

沫嶋黎士の脳データが2113年に存在し、警察の厳しい管理下に置かれている。密かに監視の目をくぐり抜け暗躍しているのでは?と考えた警察機体アンドロイド・フレミングは“REIJI MATSUSHIMA”と刻まれたブレインボックス破壊する。

★ゼロクラウドとの通信が途絶える。

ゼロクラウドとの通信が途絶えたロイドは自分の意思で安堂麻陽を護ると決意。

人の想いに応えて、生命を持った人形はやがて意思を持つ。人間の何万倍もの頭脳を持つ人形が意思を持ってこの世界を判断したら……この世界の人々は生きるべきか、死ぬべきか。

BACKNUMBER