木村拓哉さん×ジェシーさん

Q: 木村さんとジェシーくんは初共演ですがいかがですか?

ジェシーくん:ものすごく光栄ですし、ものすごく緊張しています。
木村さん:緊張しているの?
ジェシーくん:はい。
木村さん:僕はね…ジェシーは自然体だなと。あまり経験がないと、前に出ようとしたり、爪痕を残そうとしたりする方がいるんです。キャラクターとしてではなく、自分自身の存在を残そうとする…というか。それって、共演者やスタッフたちからすると、“ん?”って疑問を抱きがちな言動や表現が多いんですよ。ただ、ジェシーに関してはそういうことは一切ないし、順応性がすごく高いと思う。
ジェシーくん:ありがとうございます(照)。以前、撮影でご一緒したとき、「御用達(ごようたし)」を「ごようたつ」と覚えていて…本番で出てこなくて3回も撮り直してしまって、すみませんでした。
木村さん:撮り直したとうか…一度思い込んでしまうと中々出てこない言葉だからね。僕は少し離れたところにいたんだけど、“ジェシーいけ!!”と、心の中で思っていたよ。
ジェシーくん:ありがとうございます!!
木村さん:気にしなくていいよ。

Q: 木村さんからジェシーくんにアドバイスはありますか?

(写真)

木村さん:僕が言えるのは、共演者やスタッフたちとの時間を大切にして、存分に楽しんで欲しいなと。朝早かったり夜遅かったりして、睡眠時間が足りないとか…自分との向き合いはあるかもしれないけど、“作品に参加出来ている”ということを大事にして、出来上がった作品を素直に受け取ればいいと思う。
ジェシーくん:はい…。
木村さん:自分に素直に演じていれば、「そこは違うんじゃない?」と共演者もスタッフも声をかけてくれると思うし、僕が言っていいなら言うし。
ジェシーくん:お願いします。
木村さん:緊張すると思うようにお芝居できないことがあるんですけど…今の言葉でパワーを貰ったので、全力で頑張ります。

Q: 現場で何かお話されましたか?

ジェシーくん:先日、スタジオの食堂で一緒に食事をさせていただいたのですが…その時も、いっぱいいっぱいで…突然、モノマネして!と言われて焦りました。撮影中は、そんなに話していないです…。
木村さん:(笑)。沫嶋黎士の状態でジェシーたちと過ごした時間が物凄く短かったからね。もっとたくさんの時間を黎士として過ごせたらよかったんだけど、僕がロイドの状態でいると絡みづらいみたい(笑)
ジェシーくん:そうなんですよ。目線を感じて…なんだか怖いんです(笑)
木村さん:(笑)

Q: ジェシーくんが木村さんに聞いてみたいことは?

(写真)

ジェシーくん:色々と聞きたいです。このドラマについてですか?
木村さん:何を聞いてもいいよ(笑)
ジェシーくん:長ゼリフを覚えるときは、家で何度も読み返して練習するんですか?
木村さん:(笑)。セリフの練習は、しないです。というか、これは僕個人の考えなんだけど、練習をした方がいい場合と、そうじゃない場合があると思ってて。沫嶋黎士に関しては、練習しない方がいいと思うんだよね。それは、相手の言葉を聞いて、喜んだり悲しんだり驚いたりするのが黎士だから、セリフが練習した言葉として出てくるのはリアルじゃないかなと。ロイドに関しては“麻陽を護る”という任務があり、必要最低限の情報を話すだけだから…練習してスラスラと言葉を発することが出来た方がいいと思っているけど。長ゼリフを覚えることに関しては…僕が良くやるのは、セリフを覚えようとするのではなく、映像で覚えるようにしてる。ロケ場所が分かっているとやりやすいんだけど、その場に自分がいるのをイメージしながら映像としてセリフを記憶しています。
ジェシーくん:すごいですね…。
木村さん:すごくなんかないよ。

Q: ほかに聞きたいことは?

ジェシーくん:仕事の話がしたいです。辛い事や後悔した事はありますか?
木村さん:後悔はしないですね。現場で全て清算します。引きずらない。ジェシーは辛いことが多いの?
ジェシーくん:セリフがうまく言えなかったとか、バラエティで余計なこと言っちゃったなとか…後悔してひきずっちゃいます。
木村さん:失敗してもいいじゃん。YOUやっちゃいなよ、って言われるでしょ(笑)
ジェシー:言われますね(笑)
木村さん:いいんだよ、別に。
ジェシーくん:撮影現場での木村さんは周りが見えていて、すごい!!って思うんです。“こうした方が視聴者のみなさんに伝わりやすいよ”とか、アドバイスしてくださいますし、僕はダメだなって思っちゃうんです…。
木村さん:気にしすぎ!(笑)

Q: 木村さんから色々と吸収できるといいですね。

ジェシーくん:はい。
木村さん:僕から吸収することなんて何もないよ。参考になることはあるかもしれないけど、僕は正解じゃないから。参考にしてもいいけど、あとはジェシーなりに考えて、ジェシーのオリジナルで動いたり表現したりした方がいい。僕のことを真似ても答えにはならないからね。僕自身もジェシーたちから影響を受けることもあるし。それは、自分の役だけを考えるのではなく共演者やスタッフと一緒に創り上げていくものだから、ステキだなと思ったことは参考にするといいよ。
ジェシーくん:現場で色々と経験していきたいと思います。
木村さん:あと、さっき“後悔はしない”と言ったけど、「ありがとう」と思ったときに言えないのは嫌なので、経験を重ねても年齢やキャリアに関係なく、“ありがとう”言える人でいたいと僕は思ってる。
ジェシー:ありがとうございます…。僕も素直に言えるようになりたいです。
木村さん:(笑)
ジェシーくん:木村さんのお話を聞けて、本当によかったです。ありがとうございました。
木村さん:こちらこそ、ありがとう。