木村拓哉さん×柴咲コウさん クランクイン直後の木村さん、クランクイン前の柴咲さんにお話をうかがいました。

Q: 木村さんと柴咲さんは10年ぶりの共演ですが…

木村さん:10年ぶりという感じはしないですね。コウちゃんが出演した作品を拝見したり、音楽を聴いたりしていましたし、その活躍が伝わっていましたから。ただ、久々にお会いして“浄化されたな”と思いました(笑)

柴咲さん:浄化!?(笑)

木村さん:10年の間に色々なことを経験されて、いい意味で内面も外見にも反映されていて。時間というフィルターを通して、湧き水みたいになったというか…。
柴咲さん:ありがとうございます。光栄です(笑)。私も木村さんのことをテレビで拝見したり、ラジオでお声を聞いたりしていましたから、10年ぶりだと感じないです。だから、10年ぶりなんだよって言われて、“そんなに経ったんだ!”って不思議な気持ちになりました。

Q: 企画を聞いたときの率直な感想は?

(写真)

木村さん:スタッフから企画書をもらったとき、「安堂ロイド?何ですかこれ?」って聞いたら、「アンドロイドです」って(笑)。内容に目を通して、「えっ、これをやるの?出来るの?実写で?!」と思わず口にしたら、「やろうと思っています!」と言われて…本当に驚きました。すごいこと考えるなって(笑)。アンドロイドと人間を描くということは、人工物のアンドロイドよりも、コウちゃんの演じる“人間の女性・麻陽”の女性目線、女性心理を大切にしないと成り立たないと思ったので、そこはたくさん考えていかないといけないという話をしました。

柴咲さん:企画書を読んで、植田プロデューサーや波多野監督らスタッフのみなさんとお話して、とても興味が沸きました。その場で、私の感じた矛盾を話して、疑問点をぶつけることが出来て、もっといい作品にしたいという気持ちが芽生えて、ワクワクしている自分に気付きましたし。こういう時代に、保守的でない“挑戦的な作品”になると感じましたね。
あとは、1対1のシンプルな関係が描かれているのも魅力的だなと。黎士と麻陽だったり、ロイドと麻陽だったり…1対1の関係の中で生まれる葛藤や感情を丁寧に描いている作品に出演するのは久々なので、ぜひやってみたいと思いました。

Q: 木村さんは一足早くクランクインしましたが、いかがですか?

(写真)

木村さん:コウちゃんもそうだけど、今回は色々な作品で共に時間を過ごさせてもらった方が多いので、“再集結出来た”っていう気持ちがありました。ただ唯一、波多野監督とは初めてなんです。だけど、打ち合わせの際、“面白い人だな”という印象を受けて。例えば、役柄に関しても、「どっちのパターンかな?」って僕が2つ提案すると、波多野さんも「こっちもありますし、これもありますよね」と2つ提案してくれる。そこで4つの案が生まれるんです。さらに意見交換して、ひとつの事が決定する…ということがあって、“この人に任せて大丈夫”と思いました。そして迎えたクランクインで…僕、射殺されました(苦笑)

柴咲さん:射殺!

木村さん:うん(笑)。沫嶋黎士が射殺されるシーンを撮影したんです。本当はコウちゃんが演じる麻陽と僕の演じる黎士との関係性を作り上げた上で射殺されるシーンの撮影ができたら、非常にスムーズな流れだったと思うんですけど。黎士と麻陽のシーンを撮る前だったので・・・。

柴咲さん:そうですね…。

木村さん:だから、そのバランスを今後現場でコウちゃんや波多野監督やスタッフたちと相談して、黎士と麻陽のシーンを作っていきたいと思います。

柴咲さん:もちろんです。私は、まだクランクインしていないので、撮影に入ってからひらめくことや掴むことがあると思うので、とても楽しみにしています。射殺シーンもどんな風に仕上がっているのか楽しみですし…。

木村さん:僕もどうなっているか分からないんだよね。とにかく撮影がすごいんだよ!僕と福田彩乃さんのシーンだったんだけど、まず2人を撮影して。そのあと、2人の背景になる部分にグリーンバックを置いて撮影して、そのあと僕と福田さんが外れてクリーンバックだけ撮影して、さらにグリーンバックも外して僕と福田さんの立っていた場所を絶対に通らないようにしてエキストラさんの歩きを撮影するっていう。

柴咲さん:へーー!

木村さん:僕自身も完成したものを映像と音で見てみないと分からないんだよね。だから、映像を見て「ああ、すればよかった」「こうしておけば…」と思うかもしれないけど、それは後悔ではなく、より良いものを作る工夫として徐々に進化させていけたらと思っています。僕としては初めての経験が多いんですけど、監督や助監督さんたちのベクトルが定まっているので、そこは安心しています。曲がった矢印がなくて、みんな真っ直ぐ前を見ているから。カメラ前に立つ僕らよりも、演出チームがすでに決まっているなと感じる現場です。

Q: 先ほど、波多野監督は面白い人だとおっしゃっていましたが…。

木村さん:台本を読むとき、起承転結で読んでしまいがちなんですけど、波多野監督って、起承転結の“起”で起こったことがそこで終わりじゃなくて、“承”に何か繋がる演出を考えてくれるんです。常に何かが始まる。台本を読み込んで、全体を理解して演出してくれるんですよ。波多野監督の説明を聞いていると、“俺、台本の読解力、まだまだだな。”と恥ずかしくなりました。ほんと、次の次の次のことを考えているのは素晴らしいと思います。
あと、撮影していく上で台本を少し変えることがあるんですけど、監督の独断で決まらないんですよ。僕ら出演者にも、スタッフたちにも相談してくれて、全員で作っている空気を感じます。

柴咲さん:私はクランクインしていないので、台本に書いてあることが本当に出来るのかなという不安があったのですが、木村さんのお話を聞いて、現場に入ってみたら腑に落ちるのかなと思いました。とっても楽しみです。

木村さん:ポスター撮りのとき、ちょっとした空き時間に黎士と麻陽のシーンをリハーサルしてみたよね。

柴咲さん:やりましたね。
木村さん:やっぱり文字で読むのと、実際に演じてみるのとでは違いますから。見ていたスタッフも笑ってくれていたので、コウちゃんとの撮影も楽しみにしています。

Q: 今まで見たことがないラブストーリーになる?

木村さん:みんな、そうなればいいと思っているんですけど…(笑)。

柴咲さん:はい。

木村さん:この作品の内容は少し衝撃的かもしれないけど、“夢”でしっかりと包んで、みなさんに届けられたらいいなと思っています。

柴咲さん:近頃、私はキュンとしたいんですよ〜(笑)。ですから、この『安堂ロイド』という作品で、いち視聴者としてもキュンキュンさせていただこうかなと思っています。そして、頑張って働いている人たちに、「こんな恋愛がしたいな」「こういう2人になりたいな」と、憧れたり癒されたりしていただけたらうれしいです。