banner_AD

佃製作所 日本の技術を支えるイケメン日誌!

佃製作所で働く、若手社員を演じる出演者による日記コーナーです。下町の中小企業ながら優れた技術を擁する佃製作所では、技術向上のため日々の研究&努力を惜しまない社風があります。 そんな“佃イズム”を、役を通して体現される出演者のみなさんに、日々感じる撮影現場のあれこれや雑感などなどを紹介してもらいました!

迫田滋役:今野浩喜

2015/10/06(火)

■10月5日
家に着きました。1時半です。夜の。明日は5時前に起きます。朝の。
早く片付けなきゃ。コレ。
なんか相関図がUPされた模様ですね。
ご覧の通り私は経理部なんです。経理部に所属する役者陣は立川談春さんと私しかおりません。他の部署(特に技術開発部)の役者さん達はなんだか本当にその関係性のまま控え室などで話していて良いなぁって思います。
さすがに立川談春さんと和気あいあいとするわけにはいかないじゃないですか。大師匠ですから。
そんな中、部署は違えど私と同じ係長だからか江原役の和田さんとはそこそこ一緒のシーンも多くお話をさせていただく機会が多いのですが、和田さん、ブログなどを過去に書いた経験が無いらしく撮影中も常々何を書けば良いのか悩んでおられます。
観察しているとそもそも本当にそういった物のセンスが皆無なんだなって事に気づきます。
先日はブログの画像の被写体に控え室のカーテンを撮影していらっしゃいました。
いつか何かに使えるかもっておっしゃっていました。
おかげで私は今日も書く事に困らなくて助かりました。

土屋太鳳さんがお届けします!下町ロケットニュース!

PAGE TOP