2009年11月15日の放送|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

放送内容

» 2009年11月15日放送
ガンマナイフを
遠隔操作で行い
助かる命を救いたい

脳組織の中に異常細胞が増殖する病気、脳腫瘍。そして脳腫瘍には脳組織自体から発生する原発性脳腫瘍と他の臓器のがんが転移してきた転移性脳腫瘍の2種類があり、近年は増加傾向にあると言われています。


3年前、その脳腫瘍の治療のためにガンマナイフという医療機材を使っている東京女子医大の林基弘先生を紹介しました。そしてその当時、全国に30台も満たなかったガンマナイフの設備は、現在53台までになり広がりを見せているのです。しかし、扱うことが難しくガンマナイフ専門医が育っていないという現状があります。そのため林先生は治療を待つ患者のために全国を飛び回っている状態でした。その問題を何とか解決出来ないかと林先生は今、新しい取り組みにチャレンジしています。それは、ガンマナイフを光専用回線で繋ぎ、全国各地のガンマナイフを遠隔操作で治療出来ないかというものです。システムを作るために全国を駆け回る林先生に密着します。

マイゴール

2014年までに
ガンマナイフの遠隔治療を実現させ
世界中の助けられる全ての命を救いたい
 制作協力:幸喜 プロデューサー/演出:田川ひろぶみ

モバイルサイト


ドリームメーカー/


林基弘


ナビゲーター/

庄司麻衣

ガンマナイフの最先端医療。緊張した空気に包まれたところなのだろうと想像しながら向かった病院は…。

» バックナンバーリスト

本発売

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.