コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

2009年10月5日 (月)

ポスター撮影の続きでチュ。



主人公・黒田セイラを演じる志田未来さんは、
メイド服姿で登場。
あのぞうきんの山から一枚手渡されて、
指示されたのはぞうきんがけのポーズ!


「屈辱に満ちた表情で」と言うカメラマンさん。
何十枚もシャッターが切られる中、手の位置、
顔の角度、ぞうきんの位置など、
細かく細かく指示が飛びます。


そのすべてに「はい!」と
元気よく返事をする志田さん。


志田さんの表情にカメラマンさんも
「あぁ〜、いいね〜、すばらしい」と
思わずつぶやいていましたよ。

(photo)

ドラマのなかでも掃除のシーンが頻繁に登場しますよ

続いて登場したのは、学院の使用人・三浦カイトを演じる
林遣都さん。


用意されていた小道具は、
超使い込んだ感じのきたな〜いモップ!


カメラマンさんからは
「恐々とこちらを覗き込む目線」を指示されました。
カイトの置かれた環境や心情を表している目つきに、
周囲のスタッフも「いいね、この目」と絶賛でした。

(photo)

懸命に頑張るセイラを、陰で支えるカイトにも悩みが…

セイラを虐げる学院長・千恵子を演じる
樋口可南子さんは、シャープなスーツ姿で登場。
高いヒール、堂々とした立ちポーズが、
いかにも厳格な学院長!って感じです……。


彼女が仕切るミレニウス女学院とは、
一体どんな学校なのでしょうか。
その実態は、10月17日に明らかになります!

(photo)

隙のない有能な女性!という感じの千恵子先生。でも…

一方、そんな厳しい姉に抑圧されて生きている
愚鈍な妹・笑美子先生役を演じる斉藤由貴さん。


激しく自己主張しないベージュ色のワンピースが、
いかにも笑美子らしいです。
姉の後ろからこちらを覗き込むポーズは、
こんな風に中腰で撮影されましたが、
この体勢、けっこうキツイ!


「休憩」の声がかかるたび、
斉藤さんはホ〜ッと背を伸ばしていました。

(photo)

「笑美子はお笑い担当なのよ(笑)」と言っていた斉藤さん

最後はフランス語教師・亜蘭由紀夫を演じる
田辺誠一さんが登場。
大小どちらの本を抱えるか考えてましたが、
二冊抱えることで解決。
ちょっとうつむき加減でこちらを見る姿は、
思慮深くかつ品が溢れる大人の男ですね。

(photo)

大特訓を受けた田辺さんの見事なフランス語も見所です!

このポスターに登場した人々が、
セイラを中心にどのようなドラマを展開するのでしょう。



10月17日(土)放送スタートをどうぞお楽しみに♪

page top ↑

バックナンバー

リンク