ファンメッセージ

平成25年度文化庁芸術祭参加 テレビ未来遺産 ドラマ特別企画『こうのとりのゆりかご〜「赤ちゃんポスト」の6年間と救われた92の命の未来〜』
生まれて来てくれてありがとう。 実話をもとにした、涙と感動のヒューマンドラマスペシャル/2013年11月25日(月)よる9時〜

受付は
終了しました

---
人として
春様  (48)・女性
薬師丸さんと同年代です。

私は今、命の誕生ではなく、病で寝たきりの両親を在宅で看護しています。
もう、家族で過ごせる時間は残りすくないのだと感じています。
このドラマを拝見し、薬師丸さんのしぐさ
心、言葉・・・すべてに、人としての
大切なこと、とても、強さ、温かさを感じました。

いろいろなことを考えさせられました。
2013.12.5. Thu. 17:06:42

---

---
涙が止まりませんでした
なな様  (17)・女性
やはり、赤ちゃんを産み、育てるということは大きな覚悟と何よりも愛するということが一番大事だと胸に突き刺さりました。
女性である身として責任の負えないうちはよく考えて行動しなくてはならないと深く考えさせられました。
こんなに号泣したドラマは初めてでした。
賛否両論の赤ちゃんポストですが、私は救える命、愛されるべき命は守りそしてまた誰かが愛せばいいのだと思います。
将来はまだまだ救えるたくさんの命を助けていく仕事をしたいと思いました。
2013.12.4. Wed. 21:08:23

---

---
現実
花蓮様  (29)・女性
私は熊本出身で現在は九州の他県で医療職をしています。高校時代に赤ちゃんポストを知りました。自分に子供はいませんが本名の「ゆり」には運命を感じます。赤ちゃんの「ゆり」かごになれるよう地元の医療に貢献したいです。
2013.12.3. Tue. 21:28:42

---

---
こうのとりのゆりかご
なな様  (29)・女性
熊本在住で[こうのとりのゆりかご]設置時から知っていました。当時から賛否両論があったのも知っていました。わたしは赤ちゃんの命が助かるならと賛成でした。
私もいま妊娠7ヶ月で、主人も両親も喜んでくれています。当たり前に妊婦生活が出来るのも このドラマを見て当たり前の事ではないんだな。と思いました。
わたしたち夫婦に宿ってくれた大事な命、わたしたち夫婦を選んでくれた我が子、子供の手を離さないで、育てて行きます。
2013.12.3. Tue. 18:51:01

---

---
子どもの将来
保育士様 ・女性
子どもは親を選べない。と言われていたり、子どもは親を選んで生まれてくる。とも言われている。私は、後者の言葉が良い。

生まれてきても、実の親に将来をめちゃくちゃにされたり失われたりするようになっている。そんなの嫌だ。少しでも子どもを将来を考えてくれるのであれば、色んな人や施設を利用してほしい。
2013.12.2. Mon. 16:02:23

---

お知らせ

TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.