思い出の授業、最後の授業

思い出の授業、最後の授業

123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051 |*52 | 5354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100
101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180

またスタートラインを描いて
私が高2のとき見た第4シリーズがやはり印象強い。ドラマであるし、実際にはこんなことはないと思いつつ、言葉の一句々々が心に響いていた。それは、誰しもの心の奥にありうる、思春期の不安定な感情を端的に表された事件であり、それに対する包容と叱咤を訴えてくれたからだと思う。しかし年を重ねた今になっても金八先生の言葉は響いている。ただ一人の人間としての生きる道を教えてくれる。

「薪を割る人になれ」。「自分の汗で自分を暖めて寂しさ目指して走る人」。
迷ったら誰に相談するか、親か親友か、いや金八先生なら導いてくれる。私にはそんな存在である。
社会人になって荒川の傍に住んだ。ある日、土手を走ったら金八先生がいた。
仮想の師を実際の目で見たことは運命的で感動的であった。

もうTVではみられないかもしれない。でも先生はいつまでも先生として心の中で現れるであろう。
迷ったらまた荒川の土手を走る。きっと金八先生の声が聞こえる。私はそうして生きていくだろう。
景浦でない裕也様 31歳/男性
2011年3月28日 2時43分47秒
高卒の私が今居るのは・・・。
私は高校を卒業して、すぐ社会人になりました。Part3の時中学1年だった私が、社会人になり初めてのシリーズはPart4でしたが、この中で、職員の皆さんに金八先生が語りかけた、偏差値至上主義に対する言葉が忘れられません。「偏差値が高くていい高校に入れればいい大学に入れる。いい大学には入れれば、いい就職ができる。いい就職が出来れば、いい人生が送れる・・・という、教育界が信じ続けてきた幻想は、今、終わったんです」。35になり、これまでの人生、確かに、高卒だからと馬鹿にされたり、給与、昇給に影響があった時期もありました。でも今は、少ないながら部下を持ち、同期の大卒にも負けない給与を頂いております。辛い時、いつも先生の言葉を思い出しながら歩んできた人生でした。これからも、心の中の金八先生にずっと励まされながら生きて行くのだと思います。先生、最高の授業をありがとう!
人として様 35歳/男性
2011年3月28日 2時9分1秒
15歳の母
今までの思い出の授業と言えば、第一シリーズの「愛の公開授業」です。「浅井雪乃と宮沢保は非行ではなく、純愛だ」は心を動かされました
また保と雪乃の子の歩が生徒として登場した第四シリーズの「イジメ討論」といじめのロールプレイも印象的でした。

今でも「金八先生が僕の中学の担任だったら良かったのに」なんて思うことがあります。
Raita Starkey様 32歳/男性
2011年3月28日 2時2分42秒
32年間お疲れ様です!
私も第1シリーズ昭和54年卒業生と同じ当時15歳でした。32年もたったんだなあとその当時のことが思い出されます。中学生の妊娠等、当時はいろいろと話題になっていましたが、何よりも金八先生のお説教が楽しみで、いいこと言うな、こんな先生が居たら学校も楽しいのにとおもったものです。自分の卒業式の日に教室で担任の先生が「友人からいい番組だからみろといわれました。見てはいませんが、最後にみんなで贈る言葉をうたいたいと思います。」とみんなで贈る言葉を歌ったことを思い出しました。それからずっと金八先生の生徒だったかのように、先生大好きです。今日ほど泣いたことはありません。今春中学を息子が卒業しましたが、その時より泣いたかも…先生ほんとうに本当にありがとう!そしてお疲れさまでした!
ミーシャ様 46歳/女性
2011年3月28日 1時54分18秒
深く感謝っ!!します
自分が本格的にこの作品を見たのは、第6シリーズからになります。性同一性障害という難しいテーマに触れて、いっぱい考えました。きっとこのあたりから世間に広く知られるようになり、そういう苦しみを持っている人たちにとっては以前と比べて住みやすくなってるのではないでしょうか。それ以降のシリーズもしっかり見ました。そのたびに、いろいろ考えさせられました。今の比較的まともな自分を作り上げたきっかけのひとつでした。以前の自分は被害妄想が激しく、些細な理由で大人たちを疑い攻撃しました。本当に最悪でした。恥ずかしいです。しかし32年は長いですね(笑)だって自分が生まれる全然前だし、両親だってまだ一度も会ってないんだもん。最後に、この長い間、自分たちのために神経注いで作品を作りつづけた方たちに深く感謝しますっ。ありがとうございました。
だんごむしの親戚様 26歳/女性
2011年3月28日 1時49分39秒

123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051 |*52 | 5354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100
101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180

AD

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.