ものがたり

橋田壽賀子が最後に問いかける、逆境と戦い続けた日系移民の家族の物語。

1世紀前、生きるためアメリカの大地に夢を賭けるしかなかった日系移民1世。アメリカで生まれ日本を知らずに生きるしかなかった日系移民2世。過酷な運命は、同じ家族を世代によって日本とアメリカの間で引き裂こうとするが…。

これは、反日感情にさらされ、戦争に翻弄されながらも、夢を追って海を渡り、命を懸けて激しい困難に立ち向かい続けた日系移民の家族の“愛と勇気の物語”である。

戦争に翻弄された日系人の縮図のような運命を辿る家族。しかし、彼らはどんな逆境にあっても決して挫けない。健気で力強い日系人の姿が、世代を越え現在へと続く99年の物語となり、現代に生きる我々に日本人の誇り、底力、勇気を呼び覚ます!

ページトップへ戻る