banner_AD

野球部員ブログ『野球部練習記録』|日曜劇場『ルーズヴェルト・ゲーム』

2014年4月27日スタート、毎週日曜よる9時〜放送(放送は終了しました)応援ありがとうございました!
和田正人 as 北大路犬彦(青島製作所/野球部員センター)
足はそんなに速くはないが、選球眼は良い。
塁に出ようとする信念は人一倍強い。
明るい性格で、チームのムードメーカー。
【8】2014-05-04 Sun.
ちわーっす!!

犬彦です。

さあ、いよいよ第2話の放送です。

ものすごい剛速球を投げる沖原は、はたしてチームの救世主となるのか……

青島製作所野球部の運命や如何に!?

ワクワクドキドキしますねー。笑

俺らも皆さんと同じく、OAが初見になるんですよ。

何故かって?

クオリティを上げる為に、当日ギリギリまで編集作業をしているからなんですよ。

凄いですよねー。

ホント、監督やプロデューサーを始めとするスタッフの皆さん、いつ寝てるんだろう……

俺らも皆さんの熱に負けないよう、気合い入れまくらなきゃって本当に思いますよ!!

よっしゃー!!野球部のみんな、頑張るぞーーーッ!!

ちなみに、小ネタですが……

犬彦のバッティングフォーム、普通とちょっと違うなーって、お気付きになりました?

では、バットの持ち方に注目。

普通は右手と左手をくっつけてバットのグリップを握るんですけど、犬彦クンは右手と左手が離れてます。

実はこれ……

天秤打法って言うんです。

俺自身、マンガとかでしか見たことなかった変わった打法なんですが……

かつて、大洋ホエールズなどで活躍した高橋和彦選手は、実際にこの天秤打法だったんですよ。

そして何で俺は、この打法にしたかと言うとですね……

クランクイン前に、役作りの為に観に行った西武vs巨人で、見てしまったんです……

天秤打法の選手を。

巨人の松本哲也選手です。

実際に生の天秤打法を見たのはもちろん初めてで、とても衝撃的でしたし、何より……

カッコイイ!!と思ってしまいました。

色々調べたんですが……

体格が小柄でパワーの弱い選手が、ボールを打つヒッティングの能力を上げて、とにかく出塁率を高める為に、試行錯誤して生み出したバッティングフォームなどと書いてあったんです。

なんだこれ……犬彦にピッタリじゃん!!

ビビビッと衝撃が走りました。

そして……

ソッコーパクりました。笑

もちろん、そんな簡単にモノに出来る訳ではないですが、形を本物のように見せるのも、我々俳優の仕事。

あとは、絶対に塁に出る!!という気迫や気合いで、誤魔化すしかありません。

最終話に向けて、よりリアルに見えるよう、更なる努力を積み重ねるしかないですね。

頑張ります!!

そんな細かいところも注目しながら、ぜひ楽しんで頂けると嬉しいです。

さあ、今夜の第2話も宜しくどーぞー!!

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.