コンテンツメニュー

胸キュンシーン集

7.15FRI START TBS PM9:00初回2時間SP 通常PM10:00
イメージ

vol6-1美男の部屋

朝の光が差しこんでいる。
美男、ベッドの上で目を覚ます。
美男「…(まだぼんやりするが、顔色はいい)」
と、すぐ近くに廉が寝ている。
美男「!(驚くが氷のうや体温計を見て)ずっと…看病してくれたんだ…」
美男、廉の寝顔を見てしまう。
美男「…(思わず見とれて)」
と、廉が目を覚ます。
廉「…起きたのか。具合はどうだ?」
美男「少しだるいですけど…熱はひいたみたいです。」
廉「(安心して微笑み)そうか。なら良かった。」
美男「(その笑顔にドキドキしてしまう)」
美男、慌ててブタツボを押す。
廉、鼻にあてた美男の手をはずす。
廉「おい。大事な話だ。よく聞け。」
美男「…?はい…」
廉「俺はお前を見直した。」
美男「え?」
廉「すげえ苦しそうだったのに…自分よりA.N.JELLのことを一番に考えてた。
ちょっと…(照れくさそうに)感動したっていうか…」

美男「…(うれしい)」
廉「だから俺は、お前を受け入れることに決めた。」
美男「…え。」
廉「これからは俺がお前を守ってやる。」
美男「…(感動して)」
廉「一人で考え込むな。何でも俺に相談しろ。何でもだ…わかったか。」
美男は廉の言葉がうれしく。
美男「(泣きそうな表情で)あ、ありがとうございます。」
廉「(優しく)泣くな」
廉、微笑んで、美男の頭をクシャっとして。
美男「!(ドキっとする)」