ゲスト紹介

#1山口紗弥加

写真

遺体の第一発見者
馬場路子役

虚血性心疾患で突然死した高野島渡の同僚で恋人。結婚まで考えていた彼が亡くなったにも関わらず、冷静過ぎる態度はどこか違和感。死因究明の鍵は彼女が握っている…?

山口紗弥加さん interview

写真
Q.撮影中のエピソードは?

馬場さんは研究職で、論理的思考の持ち主。恋人が突然死するという役どころでもあり、感情表出をどうするべきか悩みました。そんな中、塚原監督の的確なピンポイントの演出に導かれ、突き動かされていた、そう思います。
例えば「あんなに真面目な人が」という何気ないけれど彼について語る唯一のセリフを、「馬場さんが知っている彼の全てを、この一言に表して」と。その瞬間、言葉にならないものがぶわっと込み上げてきて、泣きそうになりました。たったひとつの"何か"が感情の引き金になることを再確認した瞬間です。
タバコにも支えられました。撮影中、タバコを吸う練習をしながら、その何とも言えない倦怠感がそのまま役につながっていった気がします。
監督はナチュラルなお芝居にこだわっていましたが、何もしないのがナチュラルではなく、大事なのは役としてそこに自然に存在すること。表現することと、しないこと。改めてそんな気づきと学びのある素敵な現場でした。

写真
Q.演じる馬場路子の注目ポイントは?

撮影に入る前、馬場さんのファッションはごくごくベーシックだろうと想像していました。でも、用意されていた衣装は自己主張がはっきりしていて、派手目! その意外性がすごく面白くて、頭の中で彼女のイメージがどんどん膨らんでいきました。
恋人との関係性や恋人を亡くした彼女の本当の気持ちを、ぜひ皆さんにもファッションと共に楽しんでいただけたら嬉しいです!

Twitter LINE
※外部サイトへ移動します

Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

arrowTOP