あらすじ

第23回

2011年4月7日放送

メイン写真

岡倉家の長女の弥生(長山藍子)と夫の良(前田吟)は勤務先の保育園で知り合った美雨(京野ことみ)春菜(小林星蘭)母子の面倒を見始める。血のつながっていない家族だが、充実した毎日だ。次女・五月(泉ピン子)久子(沢田雅美)たちが、勇(角野卓造)を保証人にして完成させた、専用の工場で餃子を作ると幸楽を出て行った上、眞(えなりかずき)に新しい恋人候補・まひる(西原亜希)が出現して上機嫌。実家の旅館を継がせようとしているまひるの祖母・マキ(淡島千景)の目を欺くための「偽カレ」を演じていたと聞いても、五月は2人が本当の恋人同士になればいいと願っていた。
三女・文子(中田喜子)のところは、離婚した夫・亨(三田村邦彦)がガンで余命を宣告されてハワイから戻ってきている。文子は仕事に情熱を燃やしながら亨の治療に尽力する。妊娠中の四女・葉子(野村真美)は、お腹の子どもが双子だとわかって一騒動。五女の長子(藤田朋子)は、娘の日向子(大谷玲凪)が勉強もせずに「おかくら」の手伝いを始めたり、彼氏(菊池風磨)とデートをしたりと、頭が痛い。

5人姉妹が、それぞれ難題を抱えながらも小さな幸せをつかもうと必死な姿は変わりないが、新しいトラブルの芽があちこちで出始める。

演出:清弘 誠

2018年3時間スペシャル

2017年3時間スペシャル

2016年2時間スペシャル

前編後編

2015年2時間スペシャル

前編後編

2013年2時間スペシャル

前編後編

2012年2週連続スペシャル

前編後編