2010年4月11日の放送|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

放送内容

» 2010年4月11日放送
パンの缶詰で世界の
飢餓や被災地を
救いたい

普通に食卓に並ぶパン。ただ、これまで長期保存が出来るものはなく10日程過ぎれば、カビが発生して食べられなくなるのが通常でした。そんなパンを美味しく長持ちするものに出来ないかと考え成功した人がいます、栃木県那須塩原でパン店を経営する秋元義彦さんです。


秋元さんはパンの長期保存を成功させるためにいろいろなことを試してみました。その中で、成果が見られたのが缶詰でした。
そして試行錯誤のうえ、パンを特殊な方法で缶詰めにすることで3年間の保存が出来るようになったのです。そして、保存食として「パンの缶詰」を販売してきた秋元さんは、リユースという考えから2年ほど経過した「パンの缶詰」を飢餓や被災地で苦しむ人たちのために回収し、世界に送る活動を始めました。そんな秋元さんは、1月12日に起こったハイチの大地震の被災者にこの「パンの缶詰」を送ろうと動き始めています。秋元さんの活動に密着します。

マイゴール

届け続けるぞ!
パンの缶詰で世界の飢餓を無くしたい
 プロデューサー:山崎秀明  制作協力:エフ・エフ ディレクター:中川正美

モバイルサイト


ドリームメーカー/


秋元義彦


ナビゲーター/

川瀬良子

缶の中にフワッフワのパン!
ビックリしました!
こんなにおいしいパンが、およそ2年半前に作られたものだなんて。

» バックナンバーリスト

本発売

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.