2010年3月14日の放送|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

放送内容

» 2010年3月14日放送
脳機能障害の
改善策に革命を
もたらしたい

超高齢化社会を迎えている現代の日本。そのために日本人の死因で脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患が3位になっています。また命は取り留めたとしても脳機能障害という後遺症を抱える患者になってしまいます。


そんな患者たちに希望の光を灯す新たなリハビリ治療法が開発され、世界から注目を集めています。その治療法を考案したのが慈恵会医科大学の安保雅博教授です。安保教授の治療法は逆転の発想で、損傷していない健側の脳に磁気刺激を加え、その後集中リハビリを行うというもの。この治療法を受けた患者全員の後遺症が改善しているというのです。それでは、安保教授の開発したリハビリ法はどんなものなのでしょうか。

マイゴール

手の麻痺がこれ以上治らないといわれて
苦しんでいる人をなくしたい
 プロデューサー:森元直枝  制作協力:博宣インターナショナル ディレクター:細野雅人

モバイルサイト


ドリームメーカー/


安保雅博


ナビゲーター/

川瀬良子

脳の治療と聞いて手術を想像した私は、おもちゃのようにも見えるこの磁気刺激装置に本当に驚かされました。

» バックナンバーリスト

本発売

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.