2009年12月13日の放送|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

放送内容

» 2009年12月13日放送
LEDを利用して
日本の漁業を
救いたい

古くから行われてきた漁法で「漁火漁法」があります。現在は、電気が普及と共に白熱灯やメタルハライド灯が広く使われるようになりました。


この漁法はサンマやイカの漁に用いられるものですが、燃料を大量に使用することや、石油価格の高騰で漁業経営を圧迫させている原因にもなっています。そこで、これまでの電球よりも燃料を使わず、しかも水の透過率もあがるというLEDを使った漁業を勧めている人がいます、東京海洋大学の准教授である稲田博史さんです。LED灯は従来使われていた白熱灯と比較すると消費電力が20分の1と少なく、しかも漁獲量はこれまで変わらないという優れもの。しかし、漁師たちは価格の面もありなかなか取り入れようとしません。そこで、LED漁灯の利点を根気強く説明し、広めていこうとする稲田さんの活動を追います。

マイゴール

環境と経済に調和する
漁業技術を開発し
日本の漁業を次代に繋ぎたい
 プロデューサー:真鍋燕次郎  制作協力:ヴァネックス ディレクター:太田洋昭

モバイルサイト


ドリームメーカー/


稲田博史


ナビゲーター/

袴田裕幸

この時期になると、食卓に当たり前の様に顔を見せる秋刀魚。
実はこの当たり前の裏にはいろんな問題がありました。

» バックナンバーリスト

本発売

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.