2009年10月25日の放送|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

放送内容

» 2009年10月25日放送
軟骨を再生する技術を
高めて膝の障害を
無くしていきたい

広島大学病院の病院長を務める越智光夫先生は、世界でも屈指の整形外科医です。特に越智先生が専門として患者と向き合っている症状が「変形性膝関節症」。この「変形性膝関節症」は日本国内でおよそ700万人の患者がいると言われ、40歳以上の女性のなんと半数が該当すると言われています。


そんな大勢の人が悩む「変形性膝関節症」を治そうと従来の治療法以外にも越智先生は取り組んでいるのです。そのひとつが「再生軟骨移植術」というもの。自然には治らない軟骨を体外で人工的に増やし、移植するという最先端の治療法です。そして新たに、進めている治療法があります。それが、注射一本で治そうというものなのです。この方法が成功すれば、手術を怖がっている高齢者にも負担をかけずに助けることが出来るようになるというのです。そんな越智先生の活動を追います。

マイゴール

2013年までに
注射1本で、膝の痛みに悩む
患者さんを救いたい
 プロデューサー:中村宏明  制作協力:メディアジャパン ディレクター:大島伸司

モバイルサイト


ドリームメーカー/


越智光夫


ナビゲーター/

遠藤みずき

高齢化社会の日本では、ほとんどの方が無関係ではない膝の痛みです。

» バックナンバーリスト

本発売

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.