2009年4月26日の放送|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

放送内容

» 2009年4月26日放送
突然の災害から
人命を救って
行きたい PartI

大地震や予期せぬ人災など、災害が発生すればいち早く最前線に駆けつけ“瓦礫の下で医療を行う医師”がいます。岩手医科大付属病院・県高度救命救急センターに勤務する秋冨慎司先生です。


日々、救命救急や災害医療に従事する秋冨先生は、これまで経験した災害現場での日本の災害医療の問題点を痛感してきました。最も、感じたのは4年前に起こった福知山線の脱線事故でした。現場に駆け付けても、レスキュー作業の妨げになるということで閉じ込められている患者の下に辿り着くことがなかなか出来ず、クラッシュ症候群の恐れもあることから、レスキュー隊を説得して助けた経験がありました。
そして、新たに赴任した岩手では岩手宮城内陸地震に遭遇。そこでは、これまでの経験が生かされていないことを痛感、秋冨先生は災害医療の先進国であるアメリカでの訓練に参加することを決意するのでした。
 プロデューサー:鈴木ゆかり  制作協力:テレコム スタッフ ディレクター:堀井穂高

モバイルサイト


ドリームメーカー/


秋冨慎司

» バックナンバーリスト

本発売

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.