2008年10月12日の放送|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

放送内容

» 2008年10月12日放送
離島の人たち命を
ドクターヘリで
守りたい

沖縄・浦添総合病院は、3年前から全国でも例のない民間でのドクターヘリ活動を行っている病院です。現在、全国で広まっているドクターヘリは国と自治体が中心のものなのですが、数多くの離島からなる沖縄では財政上の問題もありなかなか実現しませんでした。


そこで、浦添総合病院が独自に専用ヘリコプターを所有し、予算を度外視してドクターヘリを始めたのです。そして、その実行に踏み切ったのが浦添総合病院院長の井上徹英先生です。民間として、離島と病院のネットワークを広げながら救急医療の最前線で活動して来たのです。そして井上先生の活動が認められ12月に沖縄が県としてドクターヘリの導入を決めたのです。そこで、井上先生は新たに医療用小型飛行機の導入も視野に入れているのです。救急医療に適していない状況を打破するために日々救急活動を続ける井上先生の活動に密着します。

マイゴール

ヘリコプター 飛行機
空を使った医療搬送システムを
誰もが活用できるようにしたい。
想えば夢は叶う!
 制作協力:TBSビジョン プロデューサー:三浦 上 ディレクター:和田好充

モバイルサイト


ドリームメーカー/


井上徹英


ナビゲーター/

庄司麻衣

フライトドクターやナースの方達の働きを実際に現場で見せていただき、一刻を争う大変なお仕事なのだと改めて感じました。

» バックナンバーリスト

本発売

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.