2008年9月21日の放送|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

放送内容

» 2008年9月21日放送
新たな発想で
電力供給を
作り出したい

日本大学で教授を務める中里勝芳さんは、普段は植物の研究をしている先生なのですが、飛行機への好奇心のために独学で羽ばたく翼の飛行機を開発しようと自主研究を重ねてきました。そして、羽ばたく飛行機のモデルが完成し、飛行テストにも成功しました。その中で、中里先生はこの羽ばたく翼の発想を水力発電に応用できないかと考え、教授職を務める傍ら、その研究に没頭しています。今、中里先生が取り組んでいることは、小さな河川でも、十分に電力を確保できるような翼の開発です。果たして、中里先生の発想は資源のない日本に新たなエネルギー源としての可能性を見出すことが出来るのでしょうか?


そして、非電化製品の発明・開発を続けている藤村靖之さんは、モンゴルから遊牧民のゲル生活を一変させるようなことが出来ないかという依頼が舞い込みました。それは電気を起こして貰えないかというもの。そこで、藤村さんは馬の力を利用して電気を起こすことを考えました。いったいどんなものなのでしょうか?

マイゴール

「2015年までに、羽ばたく水車を完成させ、温暖化防止に役立てたい」(中里)「世界中で、いい人たちが困っている。発明家として、この人たちに、夢と希望をプレゼントし続けていきたい」(藤村)
 演出:米田裕二 プロデューサー:百々紀子  制作協力:CoCoLo ディレクター:松原綾子

モバイルサイト


ドリームメーカー/


中里勝芳、 藤村靖之


ナビゲーター/

塩山みさこ

地平線まで180度の星空
同時に1メートル先も懐中電灯で照らしきれない完全な暗闇。

» バックナンバーリスト

本発売

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.