2008年7月13日の放送|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

放送内容

» 2008年7月13日放送
股関節の病気に
苦しむ人たちを
助けてあげたい

国民的な病と言われている股関節の病気。特に変形性股関節症は国内で年間3万件の手術が行われ、その何倍も潜在患者がいると言われています。
その変形性股関節症の手術に対して人口股関節を使用して、苦しんでいる患者を助けている医師がいます、整形外科医の石部基実先生です。


石部先生の手術方法は3D画面を駆使したナビゲーションシステムで極めて患者の負担にならないような手術法を用いています。
そして、石部先生の下には道外を含めて年間300人の患者が詰め掛けます。そのため、現在は予約がいっぱいで、手術は1年待ちという状況です。
そこで、石部先生はより多くの患者たちのために現在勤務している病院を辞め、自らのクリニックを開設しました。石部先生の活躍を紹介します。

マイゴール

痛みのない幸せな人生のために。
一人でも多くの人工股関節手術を、
続けていきたい
 演出:和田好充 プロデューサー:三浦上  制作会社:TBS VISION

モバイルサイト


ドリームメーカー/


石部基実


ナビゲーター/

庄司麻衣

石部先生に初めてお会いした時とてもビックリしました。それは初めてお会いするのに「ホッ」としてしまったからです。

» バックナンバーリスト

本発売

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.