2008年3月16日の放送|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

放送内容

» 2008年3月16日放送
子供の家庭で起こる事故死をなくしたい

横浜市・泉区にある緑園こどもクリニックの院長の山中龍宏先生は家庭で起こる、不慮の事故によって死亡する子供たちの命を何とか救いたいと活動している小児科医です。「風呂場で溺死」「こんにゃくゼリーで窒息死」など日本は、こうした不慮の事故による死亡率が他の先進国に比べて非常に高いと言われています。しかし、これまで日本では、目を離した親が悪いという一言で片付けられてきたために、何の予防策もありませんでした。そこで、山中先生は不慮の事故により病院にやってくる子供と親に事情を細かく聞き、予防策を立てているのです。また、4年前から産業技術総合研究所の協力を得て、家庭で考えられる不慮の事故をVTRにしたり、予防策グッズの開発にも着手しています。そんな、山中先生の活動を紹介していきます。

マイゴール

2020年までに、2度と同じ子供の事故が起こらないような社会システムを作る

モバイルサイト


ドリームメーカー/


山中龍宏


ナビゲーター/

梶原真弓

» バックナンバーリスト

本発売

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.