2008年2月3日の放送|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

放送内容

» 2008年2月3日放送
振動で新たなエコエネルギーを開発していきたい

慶応大学の大学院で振動の研究を続けている速水浩平さん。速水さんは人が歩く時や、自動車が走る時に起こる振動など、世の中の様々な振動を電気に変えるシステムを開発しているのです、名づけて「振動力発電」。現在、開発が進められているものは、床の上を歩くと発電がする「発電床」や家庭の電化製品のリモコンを、電池を使わずに、押すことで電気を発生させるものなど、生活に密着したものばかりです。そして、今度、高速道路の振動で高速道路の街燈を点灯させようという実験が行われます。この新たなエコエネルギーの開発に邁進する速水さんの姿を紹介します。

マイゴール

2020年までに発電床を使い、道路発電を実用化したい

モバイルサイト


ドリームメーカー/


速水浩平


ナビゲーター/

川田亜子

» バックナンバーリスト

本発売

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.