2007年2月4日の放送|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

放送内容

» 2007年2月4日放送
新たな建築素材を使い、地球と人に優しい家を建てたい

愛知県・名古屋市に住む大島秀斗氏は、新たな試みを行っている建築家です。それは、昔懐かしいワラを使った家造り。以前は、アトリエ系設計事務所やタワーマンション建築会社などに勤務していた大島氏ですが、テレビでメキシコのワラの家造りを見て「これだ!」と直感し、ワラの家作りに挑戦しています。
そして、また一人、栃木県の宇都宮大学で木材の研究をしている吉沢伸夫教授がいます。その研究している木材とは「杉」。「杉」は戦前には多く使われていた木材でしたが、戦後は海外の安価な木材に押され、利用が激減してしまい、「杉」が野放しになってしまったために山の荒廃にもつながってしまいました。そこで、吉沢教授は「杉」にある加工をして燃えない木材としての利用を考えています。そんな二人の活動を紹介します。

マイゴール

2010年までに、日本中の木造家屋に燃えない木」を広めたい(吉沢),藁の家で大地や人のつながりを取り戻したい(大島)

モバイルサイト


ドリームメーカー/


大島秀斗&吉沢伸夫


ナビゲーター/

佐倉真衣

» バックナンバーリスト

本発売

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.