2006年3月19日の放送|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

放送内容

» 2006年3月19日放送
空飛ぶ救命センターで多くの命を救いたい

日本一の広大な面積を誇る、北海道。
そこで唯一、高度な医療設備を搭載したヘリコプターが常駐する病院があります。
それが札幌市にある手稲渓仁会病院です。
その病院の救命センター長を務めるのが高橋功先生です。
北海道の救急医療にヘリコプターが欠かせないという重要性を訴えて、ようやく昨年の4月に導入され、道内の救急患者を数多く救ってきました。
現在、救命センターでは高橋先生を中心に9名の医師が昼夜を問わず働いています。
そんな救命センターの活躍と、救命医療の未来の姿を追いかけます。

モバイルサイト


ドリームメーカー/


高橋 功


ナビゲーター/

nashi

» バックナンバーリスト

本発売

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.