2006年3月5日の放送|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

放送内容

» 2006年3月5日放送
自分も患い乗り越えた小児ガンを今の子供たちにも乗り越えてもらいたい

盲目のピアニスト・梯 剛之氏は父がヴィオラ奏者、母が声楽家という家に生まれましたが、生まれて間もなく小児ガンを発症したために失明。
以降、闇の中での生活を余儀なくされました。
そんな中で梯氏が唯一興味を持ったのがピアノでした。ピアノとの出会いで梯氏は小児ガンの後遺症に打ち勝つことが出来たのです。
そこで、現在、梯氏は自分と同じように小児ガンから来る後遺症に悩む子供たちに勇気と力を与えるために、小児ガン基金を設立や、施設に足を運びピアノを弾いては病気の子供たちを励ます活動を行っています。
さらに子供たちにクラシック音楽を身近に感じてもらいたいと日本中の小学校にDVDを無料で配る事を計画しています。
その梯氏の多忙な毎日を紹介します。

モバイルサイト


ドリームメーカー/


梯 剛之


ナビゲーター/

渡瀬美遊

» バックナンバーリスト

本発売

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.